Live in the present!!
復活プラン①
先日のブログで筋トレと自転車とスイムでランの能力までも取り戻すというとんでもないプランを言いましたが、今回はそのことの考え方やメニューのことについて書きたいと思います。



先ず、なんでタイムトライアルのパワーゾーンでのトレーニングをメインにするかと言いますと、ズバリこれはレースに出場するためです。

筋トレと自転車とスイムでランの能力まで取り戻すとなると有酸素から無酸素まで全般のパワーゾーンのトレーニングをしなければいけませんが、これだとかなりの練習時間の確保が必要となります。

ここ何年か短時間高強度のパワートレーニングをしてきて、自分なりに確かに速くはなったと思いますが、一つ気づいたことはやはり4~7時間の長い時間、自転車に乗ることの必要性です。

この理由は”動き続ける”ということです。

上手くは説明できませんが、パワートレーニングはTSSだけじゃ計れないことが多々あるということに気づきました。

例えば極端な例ですがTSS200のトレーニングをするのに、FTP100%であれば2時間ですし、FTP50%だと8時間がのトレーニング時間が必要となります。途中休んでも目標TSSを満たせば完遂したようになりますが、レースだと途中休むということはあり得ないですし”動き続ける”ということでは意に反してしまいます。

身体の疲労の指標という面でTSSは凄く有効的なものですが、動き続けるという点では少し違うような気がします。

ここで言う”動き続ける”ということの意味に触れますと例えば強度を度返しして言いますとFTP100%で2時間漕いでもペダルを漕いだ時間は2時間ですし、時間的にはFTP50%で8時間漕ぎ続けた時の1/4でしかありません。

8時間もの間、心肺・筋肉・関節を動かすことは例え低負荷だとしてもやはり、2時間とは違うということです。

スポーツをする上で身体の他に人間にとって必要なファクターとして精神力があります。この部分も身体を同じで、やはり2時間の高強度と8時間の低強度では違ったメンタルが必要になってくると思っています。

トレーニングに中で特異性の原則といって例えばマラソンの冬トレの一環としてクロスカントリースキー(以下クロカン)をしたとして、両者は一見似たようなスポーツですが、心肺・筋肉などの生理的な部分の向上はできたとしても、それでマラソンが速くなるかは別な話(心肺機能が確立していない初心者や冬にあまり走らないでクロカンをやらないと身体機能が低下してしまう人は別。)で、練習を積むことによりクロカンは速くなるでしょうが、マラソンにとってはクロカンはあくまで代替えでしかないというものです。

これは異なる競技での話となりますが同競技でも特異性の原則はあると思います。

続く。

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
スポンサーサイト
やらかした!!
今日は脚のワークアウトをしてきました。



脚の日のメニューはスクワットとデッドリフト中心ですがまだ肋骨が痛いのでどうしようか迷っていたところジムにいつも来ているパワーリフターの方がいて、その方がインザーのレバーアクションベルトを使っていたので付け方などのアドバイスをいただいたところ、僕は腰のかなり上の方に装着していたらしく、その方曰くスクワットの時は骨盤の上部にかかるくらいで腹がベルトに乗るくらい下でいいらしく、デッドの時は前屈の邪魔にならないようにそれより少し上に巻くとのことでした。

そのアドバイスどおり巻いてみると、あら不思議!!先日痛めた肋骨に当たらない 当たらないけど流石に腹圧はかかっているので痛みは消えませんでしたが、やはり自己流ではなく実際使っている方のアドバイスを聞いてから使えばこんな怪我もしなかったのかなぁと思いました

まぁ今回の怪我はいい薬と思い今後の糧にします

ちなみにその方に怪我の時のトレーニング方法も聞いてみたのですが『折れてないなら通常どおりやる!!』との答えでやっぱり気合が違うなと思いました

僕も頑張ります

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
雨降って地ゆるゆる
鳥取や西日本が大雪でやられてる中、北海道は雨が降りました



雨降って地固まるどころかゆるゆるになり、ラッセル状態で走る車がみんな同じ跡を通るためタイヤが埋まるほどの轍になります

四駆の車だと何とか大丈夫ですが、FFやFRの車は足を取られ轍から脱輪し水のたっぷり含んだ雪のため、そのまま立ち往生する車がたくさんありました

昨日の夜にやっと除雪が入り道路は綺麗になりましたが、2~3日グチャグチャのまま放置されていたので、本当にキツかったです

北海道でこれなら本州で雪が降ったらあらゆる交通網が遮断されるのもわかる気がします

本当に雪解けが待ち遠しいですね

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
これはヤバい!!
昨日もウエイトトレーニング後にローラーに乗りました。

昨日は180wから開始し260wまでビルドアップさせ30分間乗る予定でしたが、かなりきつくて18分で撃沈・・・

昨年の一番乗っていた時なら250w(SST)で60分でこなしていたのに、やはり約4ヶ月筋トレばかりやってたらこんだけ落ち込むんですね

その後2分間340wで回しましたが、こちらは心肺はきついものの脚は以外と回ってくれました。

今年は筋トレに打ち込もうとしていましたが、このままだとバイクの能力がゼロになっちゃう気がして本当にビビってます

長い距離を走るとスタミナは戻ってきそうですが筋肉も一緒に減っちゃいそうで怖いです

そこで考えついたのがタイムトライアルのレースを目標にした練習です!!



細かいメニューは後日お伝えするとして概要ですが、現在体重も増え膝の調子が良くない僕にラントレをするのはかなりリスクがあります。

ですので筋トレと自転車とスイムのトレーニングのみでランの能力までも2015年6月(落車前の1番速かった時)に戻すというものです。

そこでポイントとなるのはズバリ、短距離タイムトライアル適応トレーニングゾーンです

なんでも欲張ると良くないし結果も付いてこないので、これだと時間も節約できるのと過度な有酸素運動での筋肉の異化を最小限に止められそうです。

マジでやばいので目標を設定し自転車のトレーニングをボチボチ再開したいと思います

練習メニューの詳細は後日書きたいと思いますのでよろしくお願いします

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
友達or仲間
僕は自分で言うのもなんですが友達や仲間が多いです。



先日、友達とLINEをしていた時にその人がふと気になることを言いました。

『元々、友達は多い方じゃないけど、親友や友達はいるけど仲間って思ったことはないかも・・・』

僕は今まで、その二つの言葉の正確な意味を大した理解せず漠然と使っていただけに、自分自身の周りにいる人達との関係はどうなのかなと疑問を感じました。

とりあえずGoogle先生に聞いてみたら

友達は[勤務、学校あるいは志などを共にしていて、同等の相手として交わっている人。友人。]

仲間は[心を合わせて何かをいっしょにするという間柄をかなりの期間にわたって保っている人。そういう間柄。]

なるほど!!

これだと友達から仲間になる場合もあるし、仲間であり友達でもある場合もある。

前にブログで書いたことがありますが、人間が生まれた時の心身の個のチカラはそれほど差がないと思うけど、家族・友人・職場等など現在までどんなコミュニティに属していたかで、その人の人間形成の仕方が変わってくるんだろうと考えています。

僕がこれまで良いコミュニティに属することができていたから人間的に素晴らしく成長しているとは全く思ってもいないですし、まだまだ足りないところだらけですが、今の自分が毎日が充実し健やかに楽しく過ごさせてもらっているのは、周りの人達のおかげなんだとつくづく思います。

年齢男女問わず、お互いを尊敬し合い、支え合い、日々刺激し合えるような本当の意味での同士をこれからも大事にしこれからも多くの同士と呼べる方と巡り会っていきたいと思います。

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog