Live in the present!!
第4回トレイルランニング音威子府大会
昨日は2年振りとなるトレランレースに参加してきました。



先日のトラのレースは追い込めなかったので全くと言っていいほど筋肉痛はなかったけど、その後飲みに行った時に右足首を挫いてちょっと痛かったので練習のつもりでレースに挑みましたが、走れない割には走れて心拍数もAVG178/MAX187と結構追い込めました。

結果は7.5km第4位でした。


途中ロストして結構なタイムロスはあったけどそれもまたトレランの醍醐味です。

次は間違わないようにしなきゃ!!笑

レース後、友人の子供の伴走をさせてもらい、一生懸命頑張る姿に刺激と癒しをもらいました。



今朝の身体の状態はというと痛めてた足首が悪化してるのと大腿四頭筋の筋肉痛があり、今後大会も続くので安静にしてたいのですが気持ちは焦りますし、足首の痛みが引かなかったら来週のレースは回避し首の治療と合わせてコンディションを整えることに専念したいと思っています。



これだけ怪我を繰り返してコンディションが整わないとフィジカル云々の前にメンタルがやられてきます・・・

悔しいです。

心と身体の休養が必要かもです。

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
スポンサーサイト
大雪山忠別湖トライアスロンinひがしかわ2016
8月7日は37℃という北海道では灼熱と言ってもいい程の猛暑の中、トライアスロンは昨年のアイアンマンJAPAN以来でオリンピックディスタンスは実に2年振りとなる大雪山忠別湖トライアスロンinひがしかわ(通称ちゅうとら)に出場してきました。



成績はというとタイム2:28:53(スイム32:01・バイク1:11:50・ラン45:02)の総合17位(年代別4位)という結果でした。

この結果は一昨年総合5位になった時に比べるとトータルタイム+9分強・・・

悔しいですがこれが今の実力です。

昨年の落車から怪我続きで練習が思うようにいかず、バイクは昨年以上に乗っているかもしれませんが、スイムとランに至っては昨年の2割にも満たない練習量になってました。

モチベーションもガタ落ちでトライアスロンが嫌いになりつつありました。

先日からの体調不良や前日のメカトラでこのまま治らなければ出なくてもいいと思いました。

当日の朝も全くテンションが上がらず何時もレースの時にあるメラメラ燃える気持ちが持てないままとりあえず出場する感じでした。

ここ数年はとにかく成績ばかり追いかけて、アイアンマン世界選手権のスロット獲得と各大会で上位に行くことだけを楽しみにやっていました。

トライアスロンを初めて怪我をする前までの約2年間は練習をすればするほど速くなるのが自分でもわかるくらいでしたが、人間そんないつまでも右肩上がりで成長するものでもなく、特に怪我をしてからは今だに続く右肩の痛みと左腕の痺れが常に付きまとったり、それに加え仕事やその他のプライベートも段々と忙しくなってきて、練習量の確保はもちろん、自分の思い描く自分の姿になかなかたどり着かない葛藤でいつしかトライアスロンが嫌いになりかけていましたが今回は諦めもあり、とりあえず成績を気にせず楽しく完走することを目標に出場しました。

スイムは、ほぼ練習してないのもあり途中急激に水温が冷たくなる区間があったりゴーグルを蹴られたりで一瞬パニックになりかけましたが、息を吐くことを意識し落ち着くことを自分に言い聞かせました。



バイクは正直自信がありましたが、やはりスイム後のバイクは全くの別競技で一周目で飛ばし過ぎたのもありましたが、ブっ潰れてしまいました。正直バイクはもう少しいけると思ってたので残念というか練習もしっかりしていた自負もあったのでちょっとガッカリでした・・・



ランはいつもなら素で走る10kmのロードレースばりに最初から突っ込んで行くのですが足の不安もあり、km/4:30を下回らないことだけ考えて抑えて行きました。



全体のペースを抑えて行ったのは今までの練習や体調の悪さで仕方ないと思いますがトランジットの遅さはヤバかったです…

確かにいつもなら速攻で着替えて出て行くのですが、今回は8/11にトレランレースに出場することもあり、普段は履かない靴下どっかり座って履いたり、ドリンクとパワージェルを食べたりしちゃいました。
この大会はバイクタイムにT1、T2のタイムが合算されます。
帰ってからガーミンデータで確認したらそんなにまったりしたつもりはなかったのですが2つトランジットで6分強のタイムがかかっていました。汗

モチベーションが低いとこおゆうところにも現れるということを実感しました。笑

レースの展開的には正直全くいいところがなかったですが、その他では大きな収穫がありました。

それはすれ違うトラ仲間や沿道の応援してくれる人たちとエール交換をし、レース後も仲間と触れ合う中で

トライアスロンやっぱ最高に楽しいーーーーー!!

って思うことができました。

すぐに練習量を増やし体も戻すとはいかないですが、来年のちゅうとらに向けて2014年の自分越えと、2014年の自分が立てた目標の2時間15分切りを目標に頑張って行きたいと思いますp(^_^)q




☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
初ロードレース
7/23~24の2日間、サロベツ100マイルロードレースに出場してきました。



1日目は2.1kmの登り基調のタイムトライアル。スピードコンセプトを持ち込み最大勾配8%の坂を駆け登り、もがいてきました。

昨年のツールド北海道の時はスタートの瞬間、全開ロケットスタートで前半の向い風の往路で出し切ってしまい、まさかの後半追い風下り基調の復路はパワーもスピードも失速する始末・・・



同じ鉄は踏まないように今回はスタートのダンシングはリズム良くスピードを乗せていくことを心掛け、その後は最大勾配8%の約1kmの坂に入りその後は約1km、下りからの平坦区間に入るため坂の区間はパワーでペーシングをし390~410wで登坂し何とか粘り、下りか平坦は370wを上限にスムーズなペダリングを心掛け、最後のゴール手前の軽い登りに向けて徐々にパワーを上げていき最後はフルもがきでゴール。



結果は3分14秒。平均速度39.6km、平均ワット379wで、総合で2位に2秒弱、年代別2位に12秒弱の差をつけて優勝することができました。

道内強豪選手も出場しており、この冬やったパワートレが身を結んだことがとても嬉しかったです!!

2日目は40kmのロードレースに出場しました。



前日のタイムトライアルの走りでエリートの方達から逃げでぶっちぎりの優勝をと期待されていましたが、初の集団走なので1周目は集団内に入り集団走行を楽しみましたが途中、2回ほど登りでアタックをかけた人がいたので、それを個人で潰しに行き集団にもどしたりし、1周目は20人の集団で走りました。

そして2周目の始まりの下りから逃げを打ちました。

でもコース的にアタックのかけどころのないコース、当初2人と協調したりし何度か集団を分断させようとしましたが集団を分断させようとした意図を理解してなかったのか、それともそもそもペースに付いて来れなかったのかは定かではないですが僕が引いた時に開いた差は先頭交代で縮まり、このままやっても足を使うだけだし、ペースも上がらないので23km過ぎからは単騎で逃げを打ちました(25分アベレージ291w)。

でも最大40秒差までしか広がらずこのままだと本当に足を使い切ってしまうと思ったので35km地点で自ら吸収され集団に戻ってみましたが結局、誰も引かないので私が集団を引っ張る羽目になったので残り3kmでもう一度逃げを打ちましたが、あえなく失敗。

ラストのスプリント勝負は足も売り切れ状態で気持ちは進んでいたが足が回らない始末。



残り100mで見事な発射台となりあえなく撃沈。気合足りんな~。

最後は流してゴールとなったので結局15位。そして表彰者のうちで1周目から1回でも集団を引いたのはたったの2人でそれ以外の人は1度も集団の前に姿を表さない人だったという事実。

速いモノが勝つのではなく、上手いモノが勝つんだと、とても勉強になりました。

優勝確定と言われ舞い上がり20kmの逃げを打ちましたが、やはり2周回しかないレースの2周目なので集団が逃がしてくれる訳がありません。笑

おまけにラストの気持ちが折れた瞬間に後ろの選手に追突され大事なボーラがオシャカになりました・・・



2日間で天国と地獄を味わったレースでしたが、初の集団走の魅力にすっかりハマってしまいました。

そして表彰式後、優勝者と話していたらその方から『今日1番強かったのは間違いなくtakaraguさんでした。』とお褒めの言葉をいただきましたが、やはり勝った人が間違いなく強いんですよね。

すると今日、故障したボーラのことで知合いのショップに問い合わせをしたときにレースの話になり優勝者を聞かれたところ新事実が発覚。

その方はロードとMTBの百戦錬磨の強豪選手だった方で、特にMTBは天下のスペシャライズドからスポンサーを受けてたほどの人物だったようで、逃げを売った時にその人が集団をコントロールし僕を追って来たので、S-4なので逃げで集団は壊れると踏んでたのに、見事に統率された集団になっていたのも納得!!笑

でもやっぱり勝ちたい!!

勝ち切れなかったのは言うまでもなく僕の実力不足です。

正直このままじゃ終われないので来年に向けてぶっちぎりで優勝できる剛脚を手に入れたいです!!

顔晴ります!!






☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
tour de hokkaido 2015
9月11日に開幕したツールド北海道第1ステージ個人タイムトライアルに出場してきました。

自分は車連登録してないのでS4という初級40歳以下の部に出場してきました。

競技は河川敷に設定された2.2kmのコースで行われます。

カテゴリはS1からS5まであり数字が少なくなるほどレベルが上がりS1はエリートと言われてます。

スタートはS5から始まりました。

ちなみに僕は今回初めての出場で先程も言ったとおり車連登録をしてないので最高でもS4での出場しかできなかったのですがコースはエリートまで同じなので総合成績はS2~S5だと4位で仮に車連登録をしていたら北海道トップで今回のレースでエリート(S1)に一発昇格できる順位でした。
ちなみにもしS1で出場したとしたら9位でした。

レースの振り返りですが、スタート前はアップもいい感じででき集中力も高められました。

でもそれが空回りに繋がったのかランでもトライアスロンでもそうですが相変わらずのツッコミ過ぎで登り基調の前半でほぼ出し切ってしまいました。
後半は下り基調でしたが足が残ってなくタレまくりで追い風下り基調なのに前半より遅いアベレージスピード・・・

結果は2位に9秒弱つけて優勝させていただきましたが、2.2kmとはいえもう少しペース配分考えなきゃと反省しました。
それでも多くのエリート選手に勝てたことは自信となりましたが、その分たくさん至らないところがわかったので今後の課題としていきたいです。

そして来年はフル参戦できるように頑張りたいと思います。

ともかく成績云々よりレースは3分ちょっとで終わりましたが、色んな方と知り合え、交流を持てたことが何よりの財産となりました。

皆さんありがとうございました。

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
アイアンマンジャパン2015
8月23日午前6時のプロカテゴリー男子のスタートを皮切りにアイアンマンジャパン2015の幕が上がりました。


決して思いどおりのレースではなかったですが病み上がりの中、レース前から精神的にも身体的にも色んな葛藤がある中でヘロヘロになり歩いたりもしましたが、昨年から1年間取り組んできたアイアンマンジャパンまでの長い長い旅路が2015年8月23日 18時21分55秒をもって完結しました。

終わってから4日間も練習せず毎日飲んでました。

でもいつまでもダラダラしてられないので先ずは最初の練習として、振り返りたいと思います。

《スイム》1:21:14
スイムはまだ肩が完調じゃないのと練習不足のためバトルに巻き込まれないようにゆっくり確実に進みました。

予想タイムは1時間20~30分

本当にスローペースだったので1周回目に陸に上がった時はタイムを見てガッカリしたくなかったので時計は見ずに入水し、2周回目もマイペースで泳ぎました。2.2kmと1.6kmの2周回を終え、たぶん1時間半以上かかってるんだろうなぁと思いつつ、恐る恐るウエットをめくり時計を見ると1時間21分!! マジ!?

ゆっくりの割りに昨年より1分しか遅くないタイムに俄然燃えました!!笑

《T1》7:08
陸に上がりウエットを脱ぎながら慌てず急ぎ心拍を落ち着かせる感じでトランジットに向かう。トランジットバックには下半身側からバイクの道具を詰めていたのでシューズから順に落ち着いて装着。今回変えたのはバイザー付きヘルメットにしたためバイクでサングラスが不要になったこととバイクとラン(ラン用ベルトにはジェルを6本仕込んだので)でゼッケンベルトを2本用にしたことです。
3分くらいでスムーズにトランジットを終えバイクラックに向かう途中、係員からトランジットバックは??の声。何のことだが意味がさっぱりわからなかったので立ち止まり説明を聞くと、今年からバイク受け渡し場所が変更になったためトランジットバックはトランジットから持っていき搬送用のカゴに預けないとダメになったらしく、そのままでいいですと言って立ち去ろうとしたらT1は今日中に撤収しちゃうのでトランジットバックをおいて行くとなくなる可能性がありますよと言われもう一度トランジットに戻りトランジットバックを取ってポーターに渡しバイクラックに向かう。

かなりスムーズにいってたのでこのロスは痛い!!

悔しいけど自分が大会要綱をしっかり読まなかったのが悪いので気を取り直しバイクパートへ。

《バイク》6:14:16
唯一練習のできたバイクは予想(希望)時間5時間30分~6時間。

スピードコンセプトに1回しか乗れなかった不安はありましたがもう行くっきゃない!!

パワーメーターでペース管理し標準化パワー(NP)で200wを維持。

3分以内の坂は1.1~1.2倍、それ以上の坂は1.05~1.1倍に設定しケイデンスは90~100rpmの間で快適な回転数で巡行しました。

約60km地点(確か・・・)に未舗装路があり、そこでアクシデント発生!!

事前に4箇所あると聞いていた段差の1つが水溜りに隠れて気付かず思いっきり跳ねてしまいスピードボックス内に入れていた補給食がぶっ飛んで水溜りに落下。
拾おうかと思いましたが幅員が狭く後続も来ているので諦めましたが、周りを見ると知り合いが、その段差でホイールが割れたり、転んで怪我をしていたので心配でした。

その後もパワーメーターと睨めっこしながら順調に距離を重ねていき、最大の難関ニセコヒルクライムに突入。

210wほどを上回らないようにたんたんと登る。 途中、ガンガン登るにわかクライマーも現れたが潰れるのは時間の問題と言い聞かせマイペースで登りました。

登り切ったら20km弱のダウンヒル。

W数はある程度上げて平均速度56~57km(max77.8km)で下りました。

その後の平地も向かい風で中々平均速度は上がりませんでしたが150kmから始まる昆布温泉の20kmのダラダラ坂に備えとにかく行きたい自分を抑え目標W数を維持し巡行していました。

そこでアクシデント!?(インシデントかも??笑)発生。

急にチカラが全く入らなくなり、傾眠傾向とまでは行かないが生あくびが止まらない。

おそらく未舗装路で補給食がぶっ飛んでその後、満足に補給ができなかったせいだろう・・・

その後はW数を維持しようとするもどんどん落ちて行き、心拍数も下がってきたと同時に抜かして選手にも抜かされヘロヘロになりながら何とか昆布坂とその後も続くアップダウンをクリアしT2に到着しました。

北海道に住んでるくせに一回も試走に行かなかったですが、聞きしに勝る難コースに終始翻弄されるカタチとなりましたが、補給失敗等の要因もあると思いますがとにかく地獄のような6時間でした。

《T2》5:51
T1と同じ間違いをしました。

もうなんも言えません・・・

バカです。

カラダも限界でしたがラン用のゼッケンベルトに付けておいたジェルを2本飲みランスタート。

《ラン》4:17:26
腸脛靱帯炎の再発でほぼ走れなかったランは全く予想も付かずとにかく勢いだけで行く!!ってことで予想タイムは3時間30~40分。

スタートしすぐにジェルを入れたが相変わらずのハンガーノック状態は全く収まらず、それに加え胃痛と嘔気、容赦ないトレランコースが襲いかかる。

15km地点までの湖畔のエイドまではほぼ歩いてしまい加えて15回も吐いてしまい(15kmの平均ペースはkm/7:18)、バイクで抜いた選手やそれ以外の選手にも抜かれ、気持ちは悔しいけどカラダが言うことを聞かない。

終始、【棄権】の二文字が脳裏に浮かび始め、『konaを目指しやってきて怪我で練習も遅れましてやカラダが治ってない状態で完走する意味があるのか!?』、『何で俺はスタートラインに立ってしまったんだ!?』等々ネガティブな自問自答が心の中で始まりました。

そんな時、後ろから足跡が近づいてきた、今までどおりどうせそのまま抜かされるので見る余裕もなく歩いていると

『大丈夫?? 無理はしたらダメだけどゴールしようね』と肩を叩いて励ましの言葉。朦朧状態でその選手を見ると未舗装路の段差でディスクホイールを割ってしまい走行不能となったためDNFを余儀なくされたと思っていた道内強豪エイジグルーバーのUさんだった!!

Uさんの励ましがボッキリ完全に折れていた気持ちを繋いでくれ、ここからは絶対歩かないと自分に誓い走り始めました。

そこからの25kmは周回路のおかげですれ違う選手とのエール交換や、沿道の方の応援、また吐きながらも無理やり食べ続けた補給食のおかげで徐々に復活しkm/5:20前後で走る事ができました。

残り10kmほどから腸脛靱帯に痛みが出ましたが、ここまでに来て絶対に歩くもんか!!と自分を奮い立たせました。

Uさんと会ってからは体力は限界のはずなのに何かゾーンに入ったような感覚がありました。

それでもレースで歩いたのが今回が始めてでしたが、それくらいキツいコースだったと思います。

《ゴール》12:05:55
予想(希望)タイムは11時間でしたが6月14日に怪我をし、カラダも完調ではなく、ましてや練習も満足にできない状況ではかなりキツい予想でした。

つい大会1週間前まで全く出るのが無理と思ってた中、強行出場した中で得られたものはあったかと言いますと正直わかりません。(笑)

でもゆっくり泳いだのに意外に泳げてたスイム、130km前後まではかなり自信となったバイク、25km過ぎから予定よりは遅いペースながらもう一度持ち直せたことも収穫だったと思います。

今回のレースで得た教訓を生かしてkonaスロット獲得に向けてもう一度、一から作り上げて行きたいと思います。

応援くださった皆様本当にありがとうございます。

まだまだ諦めませんよ~笑





☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog