Live in the present!!
ステム交換
先日交換できなかったステムをやっと交換(EASTON EC90→シマノプロ VIBE)できました



札幌のサイクルショップわかさに持って行ったところ社長がこんなの30分もあれば終わるよ!!とのことでしたが、それは社長言い過ぎでしょと思っていたら、30分どころか15分で終わりました 御見逸れ致しました~

スペーサーがなくなりかなりスパルタンなりましたが、ステムが細くなった分なんか普通っぽくなった感じっす・・・

110mm→120mmになりましたがフィッティングから時間が空いてしまったので、これが正規のポジションのはずですが、まだイマイチ慣れていません。ブラケットの位置もなんか違和感あるので、少しいじりながらこれから徐々に慣らしていけたらと思います。



僕は乗ってる時に腰の位置を結構変えるので今付いてるアスチュートのような決まった位置にドッシリ座るタイプのサドルよりフィジークのようなフラットな形のサドルの方が合っているような気がするのでサドルも変えたくなってきましたが、骨盤の動きは今のサドルで問題ないそうなので迷いどころ💦 バーテープか傷んでいたのでバーテープの色を変えるタイミングでサドルも変えようと考えていたけどお金もないし特に悪くないし、金もないので今回はバーテープのみの交換にしておこうかな

関係ありませんが、15年ぶりくらいに風邪を引いてしまった

きつい・・・

本格的な冬になりますので皆様、体調管理にはくれぐれもお気をつけください



☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
スポンサーサイト
NEWアイテム
11月13日(月)

先日のフィッティングの時にステムの長さが変更になったのともうそろそろ新しいバイクフレームが届くので、ハンドルとステムを新調しました

買ったハンドルとステムはシマノプロ VIBE。



これらを選んだ理由は大好きなゲラント・トーマスとクフィアドコフスキー使用していた(彼らは供給されてるからですが)のもありますが、今回のフィッティングで出たサイズでハンドルは今使用しているS-WORKSエアロフライカーボンのリーチと同じでドロップが同じか若干長い物が良く、ステムは現在使用しているEASTON EC90より10mm長くアングルは一緒で良いと言われ探していたところ、このギアがサイズ的にバッチリだったので選択させてもらいました。

S-WORKSエアロフライのリーチ80mm、ドロップ130mmのサイズは各メーカーを探しても微妙に短かったり、長かったりで中々なく、そしてステムもEASTONのアングル-10°の角度の物も中々なかったのと、ハンドル・ステム両方ともカーボンか、どちらかがカーボンという条件を全てクリアしたのがシマノプロでした!! サイズはクリアし即決定はしたものの値段が恐ろしく高い

そこで某オークションなどを虱潰しに検索し、程度の良い中古品を見つけることができ、定価約55000円の代物を半値以下の23000円で購入することができました

しかし、購入直後に問題発生!!浮き足立ってあまり確認せず購入したので気がつきませんでしたが、このステムはキャップが菱形でコラムスペーサーを上に乗せることができず、使用するにはコラムカットをしてツライチにしなければならないヤーツ コラムカットしちゃったらもう後戻りできない
まぁ首の調子も今は悪くないしこれ以上ハンドルを上げることも多分ないし最悪ステムのアングル調整くらいで間に合うと踏んでカッコイイし切っちゃうことにしましたが、ここでまたまた問題発生!!アンカーが全く外れない!!!!!



プレッシャーアンカーをプラハンで叩いたり、プレッシャーアンカーを外した穴から棒を入れ上下左右に少し煽ってみたり、アンカーの突起をペンチで軽く挟んでみたり(これで小さい突起が折れた)もしたけどうんともすんとも言わず、もうお手上げ

なんでもカーボンとアルミの組合せは非常に固着しやすい組合せで入れる際にシリコングリースをタップリ塗っておかないとダメなようです。自分でやるのは諦めてプロショップにお任せすることにしました

ハンドルは最初クラシックタイプのシャローベンドを買おうと思っていたので3Tラウンドを第一候補に入れてましたが、サイズが若干大振りでフィッターに問い合わせたところそれはちょっと大きすぎるとのことで、検索していたところシマノプロの物を発見しました。このハンドルはコンパクトとラウンドの2種類がありますが、僕にはより丸ハンに近いラウンドの方が合っていると思うのでラウンドがたまたまオークションに出ていたので購入。このハンドルはターマックじゃなくNEWフレームの方に付ける予定です。

サドルとかまだまだほしいモノがたくさんありますが、そろそろ破産しそうなので物欲を抑えるのが大変です







☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
読書②
ちょっと前になりますが、主夫をしていた時に空き時間に読むのに本を何冊か購入しました。



1冊目は『ベース・ビルディング・フォー・サイクリスト』
この本はサイクリスト・トレーニング・バイブルの著者であるジョー・フリール氏が推奨する本で、1番理解されにくい、基礎期のトレーニング方法を専門的に書いてあります。北海道は冬の時期は長く乗れないためインドアローラーで短時間高強度の練習がメインになりますが、最近読んだ文献でLSD等の長時間有酸素運動とHIIT等の短時間高強度運動では同じく持久力を増強するトレーニング方法ですが、生理学的には異なるアプローチになるということなので、果たして効率重視で短時間高強度トレーニングのみをしていれば良いのか疑問に思ったのと、実際プロは土井雪広選手の著書の中でも書いてあったとおり、シーズン当初はL2強度でしっかりLSD(LMD)を行なっている事などからもこの本を購入しました。メニューの基本が2~4時間と冬場はインドアになる北海道には適していないかもですがベース時期のトレーニングの参考にしたいです。

2冊目は『自転車競技のためのフィロソフィー』
この本は新城選手や西園選手を指導した柿木克之氏の著書で日本人で初めてパワトレのことを書いた本なんじゃないかと思います。内容については生理学から始まりパワトレのメニュー、それとメニューの組み方・管理方法については記しています。パワー・トレーニング・バイブルと比較すると細かなメニューは載せていませんが、その分わかりやすく、TSSを用いた疲労管理じゃなく、KJにより長時間の練習と短時間高強度の練習の管理方法などが載っており(掲載量が少し少なくわかりづらいところもありますが)、インドアメインの時にTSSがあまり上がらず不満!?に思っていた方の一定の指標になるのではないかと思います。笑

3冊目は『サイクリング解剖学』
この本はソヴンダル・シャノン氏というプロサイクリングチームのチームドクターとして活躍していた方の著書で医師になる前は氏自体もロードレーサーとして活躍されていた方だそうです。
著書の内容はサイクリストに必要な筋肉の部位や、その鍛え方を事細かく書いていますがウエイトの仕方自体(ウエイト・回数)の記載がないのがざんねんでしたが、今年の冬にウエイトトレーニングをしていた身としては体重の増加等の理由で今年のオフは下半身のみの筋トレにしようと思っていたのですが、この本を見てやはり全身の筋肉の鍛錬が重要でありアプローチ的には間違っていなかったこともわかりましたが、今オフは筋量はあまり増やさず筋力を増やすようなアプローチで筋トレを導入して行きたいと思います

以上の本を購入して思ったのは今まで購入してきた本や各トレーナーが配信しているネットの情報を見てみても少し違うところがあります。スポーツ科学が進んできた昨今でのトレーニング方法はある程度は確立してきたと思いますが、未だ100%のモノは存在しないような気がします。自分は色んな情報を詰め込みすぎて頭でっかちになりつつありますが(実際に頭デカいですが。笑)、そこを自らが見極めて仕事と家庭を両立しつつ、自分に最適なトレーニング方法を探求して行きたいと思っています

何度も言うようにこれらの本がトレーニングの決定版ではないですが、間違いなく今後のトレーニングのヒントや知識になるのは間違いなく、見ておいて損はないと思います。

さぁ頭を動かした分、身体を動かさなければ!!笑
   



☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
物欲祭開催中
今までトレーニングでの肉体的ストレス以外あまり感じたことがなかったのですが、最近のバタバタでとうとう精神的なストレスを感じてしまいました

だからと言うわけではないけど、自分に人参をぶら下げるべく、前々から買おう買おうと思っていたブツをとうとう購入してしまいました

SPECIALIZED ALLEZ SPRINT FRMSET RED HOOK EDITION!!



ALLEZ SPRINT SAGAN EDITIONが購入できず凹んでいたところにこのクレイジーすぎるインパクトのアレースプリントが6/7の15:00での完全受注生産で登場したので迷うことなく注文しました

このフレームは世界4箇所で開催されるRED HOOK CRITに出場するスペシャライズドが結成したSpecialized / Rocket Espressoというチームに供給するバイクのレプリカだ。

RED HOOK CRITはピストで行われるレースでYouTubeで見てみたらかなり熱くヤバいレースでした!!

前々から冬のローラー練やクリテリウムレース用にアルミのフレームが欲しかったところに105完成車で8.1kgの軽さなのでパーツの選択次第では6kg台も可能だし、実際プロがレースで使用しているので戦闘力は余るくらい

当初はTARMACに付いているアルテグラDi2を移植しようと思っていたのですがDi2非対応なので、さすがに配線の外出しはいただけないので、今回は前から気になっていたSRAM e-tapで組もうと考えています(懐事情で紐アルテになるかも・・・)。

7年使ったアルミクリンチャーもガタが出てきてるし本当に物欲は尽きることがないです

10月の納車が楽しみです


☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
BONT VAYPAR
BONT BLITZはとても良かったのですが爪先の方のホールド感が何となく弱かったのが気になっていたのでSALEになってたBONT VAYPARを買ってみました



久々のバックルタイプですが、さすがBONTの元フラッグシップ!!

ボアダイヤルのような足全体を均等に締め付ける感覚は乏しいですがバックル式なのでピンポイントにカッチリくる締め付けが新鮮なのと左右両側から締められるベルクロのおかげか爪先のホールド感も良い感じ

BLITZとVAYPORは同サイズでラストが違うのですが、こっちの方が合っていそうですし、BLITZに比べアッパーが硬めで好みかも

S-WORKSのクリートを取ろうとしたらネジ山がバカになっててクリートが外れなくなっちゃったのでクリート買うまで履けなさそう

初めての黒シューズですがカッコ良くてお気に入りです

足が合えばBONTかなりオススメですよ~

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog