Live in the present!!
落車
Facebookで投稿しましたが日曜日の14時頃、単独落車しました。

事故の概要はテンポトレーニング中、国道を走行中に、そのまま国道を直進するか左折し道道(県道)に入るか迷っていたところ、日曜日で車の通りも多いので道道を通った方が良いと判断しカーブを曲がったところ自分の記憶では90度くらいと思っていたのですが実際はヘアピンカーブで急ブレーキかったのですが時すでに遅し・・・

そこを曲がり切れず、縁石に突っ込み、転倒し、その勢いで体は5mほどふっ飛ばされ路外へ。事故時はスローモーションで空中で1回転しました。

仰臥位で転がっていました。自然と起き上がれ、歩行可能、そのまま路外から道路側へ行きました。

職業柄、事故現場や血や傷を見るのは良い意味でも悪い意味でも慣れてます。 まずは現場周囲の確認。

散乱しているものもなく安全は確保されています(自分の安全が1番確保できてなかったのは言うまでもありませんが・・・笑)。そして持っていた、携帯電話と小銭入れを確認しました。

続いて体の観察、明らかに高エネルギー外傷のため何時もなら頭部保持をしてから・・・.というような手順をたどるのですが、今回は自分自身なので頭部保持もできませんので、まずは目がすぐ届き今後の観察に使用する手を確認しました。右手全体に擦過傷があり、かなり出血し、右手中指と手首に疼痛がありますがおそらく骨折はなし、左手は無傷。両腕に目立った外傷はなかったですが右肩に強い疼痛があり、左手で右肩を触診したところ右肩後部に傷・出血あり(後ろなので目視できず)、右肩の烏合突起が明らかに突き出し左右差があったためさらに詳細に観察する。鎖骨自体の変形等はなく、動作で疼痛があるものの動かすことはできるのでおそらく骨折まではなく脱臼もしくは最悪ヒビが入っているくらいと判断、右腕はあまり動かさないようにしてヘルメットを脱ぎ、頭部・顔面を触診しましたが出血や打撲はなし、そのまま胸腹部を観察するも異常なかったのですが腰背部に若干の疼痛がありますがその他の腰部や下肢に目立った出血や疼痛はなかったです。

今回は自転車の単独事故なので警察連絡はしなくていいと思いますので(多分・・・)通常だと119番となるわけですが、高エネルギー外傷とはいえ独歩可能な上、救急車で病院に搬送されるのは少々照れるので自力で行くことにしましたが何せバイクシューズだし、病院までは7kmくらいありますしバイクがありますので後輩に連絡したところ来てくれるとのこと。

その後、もう一度現場検証。

バイク(縁石)から自分の転倒していた場所への距離は約5mで道路からの落差は100cm~150cm弱。現場には消火栓があり、もう少しズレてたら消火栓に激突してました。
ヘルメットは飛ばされ落ちた側溝のU字溝の角のぶつかったのか直角に陥没していました。

その後、現場近くのスタンドの方が来てくれました。

事情を話すとバイクの預託に加え病院まで搬送してくれるとのことでした。お兄さんありがとうございます。

病院到着後、医師の診察し、レントゲンとCT撮影。

骨折や肩関節の脱臼はなく、整形の専門医もいないため翌日の専門医への受診を勧められ、その日は帰宅し職場へ直行し上司へ事故の概要と今後の予定を報告しました。間近に終わらせなきゃならない仕事もあったので仕事に出る旨を報告すると念のため専門医への受診を上司も勧めてくれたので、その日のうちにその案件の書類等々を処理し後輩に概要を伝え帰宅しましたが、右腕を固定しているため1人では何もできない状況で同僚の家にお邪魔しご飯を食べさせてもらいました。

そして次の日、車の運転ができないので後輩が車を出してくれたので、まずいつもお世話になっている整骨院で先生に診てもらったところ右肩の肩鎖関節脱臼とのこと、紹介状をいただき整形外科を受診しレントゲン撮影後、やはり右肩肩鎖関節脱臼で全治4~8週間との診断。

固定自体は今のところ2週間でいいようですが、右腕を90度以上挙げることは禁止で経過を見ながら120度、バンザイと進めて行くとのことでした。靭帯の断裂等はないのでおおよそ元のところに収まるのに3週間以上要するとのことでしたのでスイムはしばらく出来なさそうです。

今回の出来事でたくさんの方にご心配やご迷惑をおかけしました。

そしてこんなどうしようもないバカな自分にたくさんの励ましの言葉かけていただく同時に多くの方に助けていただき、どう感謝の気持ちをお伝えすればいいのかわからないくらいお世話になりました。

今回の一連の出来事を無駄にしないように反省し今後の人生の糧にし、しっかりやっていきたい所存ですので、こんなどうしようもない自分ですが皆様どうかこれからもご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
スポンサーサイト
バイク考察②
ポジションネタです。

相変わらずハンドル周りのポジション変更で迷ってます(≧∇≦)

まずあまり極端な前乗りにならないようにDHバーを5mm短くし、ステム下のスペーサーも抜きハンドルを5mm低くしました(限界値)。

そこで今すごく迷っているのがパッドの前後位置とパッドとDHバーの角度です。

現在はパッドやDHバーを水平で使っているのですが、少し前上がりのポジションにするのとパッドの位置ももう少し前にしようかと思ってます。

何を見て気になったかと言うとアワーレコードでのブラッドリー・ウィギンスと宮古島トライアスロンでの戸原選手のポジションです。

この2人に共通しているのが前上がりのDHポジションです。


そしてもう一つ共通するのが2人とも元々はDHバーもパッドも水平のポジションでした。

これにどんな意味や効果があるかわかりませんが、トップ選手がこのように変更するには何らかのメリットがあるということでしょう。

ポジションと出力(W数)の関係は密接だということは皆さんもご承知のところだと思いますが、ロングを主戦にご活躍する有名エイジグルーバーの方に気になる言葉を頂きました。

現在、その方がバラモンキングに向け行っているバイク強化メニューを一緒にやらせてもらっているのですが、その時に行う強度を自分のW数で表記してくれているのですが、その表記からFTPは僕と一緒くらいかなぁと推測していました。

そこでその方に勇気を持ってお聞きしたところ270wという返事を頂きました。(その方と僕はFTPこそ同じですが体重が8kg違います!! その方が4.8kg/wに対して僕は4.2kg/wです。汗)

そこで僕はもう一つ質問をしました。

『私のFTPは山岳コースで1時間TTをし、計測したのですが平地だと半分の時間の30分TTでも240~250wしか出ないのですがどうしてだと思いますか??』と言う質問に対して

『登りではパワー出るようなポジション・体勢になっていると思います。平地でのDHポジションに無理があるとパワー維持が難しいです。空気抵抗を抑えるために過度の前乗りポジションをとるとパワー維持が難しいと考えています。股関節の柔軟性があれば問題ないですが』

ということを教わりました。

竹谷賢二さんも前にブログでDHポジションの前乗りを和らげるためにサドルを後ろにズラし若干後ろ乗りのポジションに変更したと綴ってました。

ハンドルを下げたので空気抵抗は確実に減っていると思いますが、パワーと空気抵抗はトレードオフの関係にあるので今回も例に漏れず空気抵抗の代わりにパワー低下になるのでしょうか??

その部分の解消方法としてDHバーとパッドの角度を前上がりにすることは効果があるのでしょうか??

とりあえず頭で考えるより実際に試した方がいいですよね。

空気抵抗とパワーはトレードオフと言いましたが実際に走ると、その2つに加え快適性も含まれます。

空気抵抗・パワー・快適性

この相対関係にある3つの要素の最高の"妥協点"をこれからも探求していきたいと思います。


☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
2015札幌市民大会トライアスロンinモエレ
土日と2015札幌市民大会トライアスロンinモエレに出場してきました。

なぜこの大会はトライアスロン(スプリント)なのに2日間の日程で組まれているかと言うと、土曜の夜にプールで800mのスイムを行い、日曜の朝に前日のスイムのタイム差でバイクスタートするという超ローカルルールの大会です。

前日のスイムを13:55、全体20番で終え、翌日のバイクスタートとなるのですが、実はスイム終了後、宿泊先である叔母の家に行く途中に物損事故を起こしてしまいました。泣

不幸中の幸いで車以外は無傷でしたが精神的には凹みました(._.)

気を取り直してバイクスタート。

20.1kmの距離を目標30分でしたが実際は手元の時計で31:50。

途中まで2013年の北海道選抜であり北海道の有名トライアスリートでもあり同職の先輩であるF原アニキについて行きましたがはやりバケモノ!!3周回目で追跡は諦めました。

それでもバイクパートで17人まくって(F原アニキが周回間違いで失格)4番手(31:50でタイムは全体2番)でのランスタートとなりましたがランで2人に抜かれてしまいました。

バイクは最初の周回でテンション上がって完璧なオーバーペース。

そしてランは19分切りを目標としましたが自分でも自覚できるくらい走りにキレがなく、バイク・ラン共に尻窄みで精彩を欠く走りでした。

それでも終わってみれば総合6番で、僕の場合、入賞(8位まで)した他の7人と比べるとスイムのビハインドが3~4分あるので、そのビハインドをバイクとランでいかに削っていくかがキーポイントとなりますが今回はバイクもランも正直良いところがなく、もちろんスイムのスキルアップももちろんですがスプリントやショートではスイムのビハインドがそのままトータルタイムに響きますね。

そのへんを踏まえて今後トレーニングして行きたいのですがあくまでも目標はアイアンマン!!

でもスプリントでもショートでもハーフでもアイアンマンでもレースに出るからには全力で準備し臨みたいですよね。

大会関係者の皆様、寒い中2日間お疲れ様でした。




☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
30min TT
今週はOWSじゃないですが今シーズン初のトライアスロンのレースがあります。

スプリントディスタンス(スイム800m、バイク20km、ラン5km)で全開で突っ走ろうと思いますが、レース前の最後の刺激入れということで30minのTTをやってきました。
当日は雨が降りそうで気温も12℃と結構寒かったのでアップなしでスタート。

ハートレート計の調子が悪く読み取りができなく心拍数のデータ取りができなかったのが心残りですがレース前にいいデータが取れました。

距離 21.2km
時間 30:02
平均スピード 42.33km
獲得標高 178m
平均気温12.3℃
平均ケイデンス 96rpm
平均パワー 243w
最大パワー 494w
20分最大平均パワー 239w
パワーNP 250w
パワーIF 0.919
TSS 41.5


やっぱり山岳こーすより平坦コースの方がパワー出ないのかなぁ??

それとも自分の気合不足!?

レースは平坦な2.2kmの周回コースを8周回するのですが上手くいったらAVG40kmオーバーで走れないかな。。。笑

目標タイムは

スイム 13:30
バイク 30:00
ラン 19:00

あくまでも目標ですので、しっかり楽しんできます(≧∇≦)笑







☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog