Live in the present!!
トレーニング再考2016夏
なかなか思うように行かないですが冬から特にバイク練は短時間高負荷を軸にトレーニングをしてきました。

成果としてFTPは昨年比で+13wの上昇があり、実走の中でも自分なりには少なからず手応えはあったのですが、そのようなメリットばかりではありません。

それは

①1時間程の練習で負荷を掛けるためボリューム(時間・距離)を費やせないため、時間数が伸びない。(時間数は昨年比1/3程度)

②トータル時間数が減ったためウエイトコントロールが難しく減量がうまくいかず昨年のベスト体重より+4kgの現状。

③スタミナ不足。

トレーニング当初はボリュームに凄く拘っていましたがパワーメーターの購入や1日に2~3種目やる時間確保のために短時間高負荷の練習に重きを置いてきました。

それによりバイクトレーニングを例に出すと、前記のようにFTPや1分・5分のパワーはアップし、実際にいつも使っているテストコースでのタイムも上がってきてますが、長い距離を走る中で足を動かし続けるスタミナやランが落ちてるように感じています(ランについては体重が減ってないことも要因だと思いますが)。

アイアンマンでエイジトップクラスの方の練習をお聞きしたりFacebook等のSNSで拝見したところ、やはりボリュームにかなり拘っていることが伺えます。

その意味は、ただ単に強度を距離や時間(その逆も)で代用しているわけではなく、強化期間と決めた中で、その練習量をこなせる体力がついているかを指標にしているからみたいです。

まだまだトライアスロン歴が短い僕がこのようなことを言うのはおこがましいと思いますが、まだトレーニングを始めたばかりの人は極端な話、どんなトレーニングをしてもやればやるだけ身体が吸収し成長できますが、ある程度のパワーやスタミナがついてきてからは強化したい領域に特化したトレーニングをしないと強化できませんし、仮にそのようなトレーニングをしたとしても上積みは微々たるモノだと考えてます。

その中でパワー・スピードとスタミナ、ショートからロングまでのどの距離でも適正を付けるには流行りの短時間高負荷だけでは現状維持以下にはなっても代用にはならないと思います。

それを念頭に置きながら自分の中の指標としてローカルレースでは表彰台、ビックレースで実力を出すためには週20時間強の練習量を最低でも2週間はこなせる体力が必要になってくると思いました。

実際に今年の宮古島トライアスロンで優勝したオーストラリア人の選手(名前忘れました・・・)は現役の医師で仕事と家庭もしっかり熟しながらトレーニングに励んでいるそうで通常は週14時間以下で強化期だけは頑張って20時間以上やると言っていたようです。

今年の僕の練習量は、まだ週の最長時間が16時間となっていますがまだまだ少なすぎ、これだと体力の向上は望めず現状維持がやっとの量です(私のトライアスロン歴が長く元々実力があった場合はこれくらいで良いかもしれませんが。)。

TSSも同じ600TSSでも週3回の中負荷でやるロングライドと週6回の短時間高負荷では同じ数値でも感覚で感じる疲労は違うような気がします。

それとやはり休養も大事です。エンデュランス系アスリートは練習のことはたくさん考えますし取組もしますが、休養については目を瞑りがちです(私もそうです。というか休めません。笑)

やはりエイジトップの方達は練習だけじゃなく休養も一流です。

しっかり休んで回復を図らないと体力の向上はもちろん、疲労が抜けず良い練習ができなくなる恐れもあります。

個々で適正も違いますしトレーニングに王道や最高のレシピはないとは思いますが、身体の負荷を数値的・感覚的検知から考え適切に行いパワー・スピードとスタミナの両方を強化していきたいと思います!!


☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
スポンサーサイト
Fast Asahidake Attack!!
自転車に乗り始めてから早4年が経ちますが、昨日初めて道北のヒルクライマーの2大聖地の1つである旭岳を走ってきました。

13466265_625474554284724_8654449635101172508_n.jpg

ここを40分以内で走れれば一丁前の自転車乗りを語れると思いますが、結果は 40:53 とまだまだ半人前です。泣

言い訳をさせてもらうと先週から強化期間と題しそこそこの強度とボリューム熟してて結構疲労が溜まっていたのと、走っている途中に携帯の緊急地震速報のワーニング音が鳴り確認のため少し止まってしまったのでタイムロスをしてしまいました。
それと53-39のチェーンリングでさらにリアディレイラーの調子が悪くローギアに入らなかったのはかなりの痛手でした。

次はフレッシュな状態で携帯持たないで 38分台 目指します!!笑

しかし、ホント登れねーーーーーーーーー!!!!!!

今後2つロードレースに出る予定があるのでもう少し登れるようにしておかなきゃな・・・('Д')

それまでにまた何回か登っとこ。

旭岳
12.7km 距離
40:53 時間
653m 高度差
5% 平均勾配

全行程
96.2km 距離
3:13:16 時間
1657m 獲得標高
230 TSS

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
復活!?
皆さんお久しぶりです。
約7カ月ぶりの更新となります。

昨年の目標レースのアイアンマンJAPAN前に落車。
レース自体には出場し完走こそしましたが、目標とは程遠い成績で、その後にツールド北海道 個人TT、ボビッシュTTと参加し両レース優勝させていただきましたが、その後、落車の後遺症で肩も思いどおりに回復せず、腸脛靱帯炎の再発や頸椎ヘルニアの発症で、なんとなく燃え尽き症候群的な感じになりダラダラとした毎日を過ごしてましたが、このままじゃいけないと思い、できることからコツコツとインドラローラーだけは続けてきました。

前にブロクで書いたようにTSS700をこなし1日休養を2~3回繰り返し1週間の回復週というローテで当初は行う予定でしたが、この700という数字、インドアでこなすのは体力以上に精神的にかなりキツい!!
ですのでこの数値を500~600に下方修正し実施しました。

それでもまだモチベーションが保てないので、こんな時に私が取る方法といえば物欲を満たすこと。

はい!!大好きなペテル・サガンの愛機 S-WORKS TARMAC を衝動買いしちゃいました!!

そんなこんなで3月までインドアローラートレと軽いスイムトレ(両側呼吸の習得メイン)を中心に4月からはラントレも再開しましたが、とにかくランが絶望的に落ちてる。とにかく身体が重い。

昨年から仕事や付き合いで飲む機会が飛躍的に増えたのも手伝いラントレ再開したときにはまさかの体重73.2kg・・・汗
やっぱローラーって痩せない(; ̄ェ ̄)笑

5月からシーズンインしレースに出ました。家族の用事と重なりDNSとなったスプリントトライアスロン以外の5kmロードレースとスプリントトライアスロンは各々、優勝・準優勝ととらせていただきましたが、とにかくランが遅い!!

これは早急に減量と質の高い練習に取り組まねば。

そして一昨日のバイク練習で当初はやる予定のなかったFTPの測定となりました。

なぜやる予定がなかったかというと乗り始めて2分くらいダラダラと流してサイクリングロードに入った時にSSTで40~50分漕ごうと思ってたら何か余裕。
それならば20分L5(300w)で行ってみようと思い敢行したところ20分/298w。
また2分くらい流した後にもう1回頑張って残りの40分弱行ってみたら1時間の平均パワー284wでFTP更新しちゃいました(((o(*゚▽゚*)o)))笑

しっかりアップしてペーシング考えたらもう少し行けたんじゃないかとか欲も出ましたが、練習キツくなるし、再更新は次の楽しみに取っておきます!!

いずれにしても波乱万丈で落ち気味な昨シーズンから今シーズンの始まりでしたが、体重も67.8kgまでは落ちたし、少なからず冬の成果が出たのでこれをモチベーションに換えてボチボチ頑張って行きたいと思います。


☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog