Live in the present!!
ウエイトトレーニングアイテム
10月23日からウエイトトレーニングを再開し、やっとベンチプレス105kg、スクワット150kg、デットリフト170kgまで挙げれるようになりました。

その間、胸筋の軽い肉離れや膝の軽い故障を経験し、前まで道具に頼らずにトレーニングをしてきましたが、トレーニングがより安全・円滑に行えるように必要最低限で最高のアイテムを厳選し購入したのでブログで紹介したいと思います。



1つ目は、Schiek シーク リストラップ 24インチです。
ベンチプレスで手首が折れたり、肩・腕のトレーニングでダンベルを使用している時に手首に痛みがでたため購入しました。
ラップをまくこ手首が折れなくなったったり安定するようになったからかベンチの自己記録を更新できましたし、ダンベルトレーニング時の手首の痛みもなくなりました。

2つ目は、G1H1 パワーグリップです。
購入の際、先ずは購入履歴や評価の多い某有名メーカー2社のプロモデルを考えていましたが、G1H1のパワーグリップを見つけて、レビュー等を参考に購入に至りました。 以前知り合いに見せてもらった某有名メーカーのパワーグリップと全く遜色なく、それでいて価格は約半額と文句のつけようがありません!! いざ使用してみたところ、チンニング時にバーにパワーグリップが吸い付く感覚でグリップするので握力や腕が疲弊しなくなり確実に広背筋などのターゲットに効かせることができると思います。 僕の実力だと、かなりの高重量のデッドリフトとかになるとパワーグリップよりストラップの方に軍配があがりますが、150kg以下のデッドリフトやシュラッグは設定のしやすさや多数の種目へ使用できる汎用性等を考えると圧倒的にこのパワーグリップをオススメいたします。
サイズについては僕の手首のサイズが18cmのためレビュー等を参考にMサイズを購入しましたが、きつく巻いた時は2cmほどストラップが外に余分に出てしまいますがマジックテープが長いためしっかり止めることができ、Sサイズにしてストラップが短くマジックテープの接着部分が短くなるよりはいいと思います。

3つ目は、Schiek シークレザーリフティングストラップです。
今までデットリフトやベントオーバーロウイング、バーベルシュラッグ等の高重量で行うプル系種目でターゲット部位よりも先に握力がなくなっていましたが、ストラップのおかげで今まで以上の高重量で効率よくトレーニングができるようになりました。
革製なので加重された時の手首の負担も少ないですし、ナイロン素材より手にも馴染みやすいので本当にオススメです。

4つ目は、TITAN タイタンロングホーンレバーアクションベルトです。
特にスクワットやデットリフトをやる時に腹圧をかけ体幹を安定させることや、腰の故障防止にベルトの購入を考えていました。ベルトには形状や留め具や値段にたくさん種類があり、かなり迷いましたが、より腹圧をかけれるようにベルトの計上は腹部・背部も同じ太さのストレートタイプでベルトを締める時に腹を凹めてきつく締めるのでインターバル時に容易に締めたり緩めたりできるように留め具はレバータイプを選びました。結構高価なものでしたが、友達に進められたことと腰への保険とだと思い、思い切って買いました。まだ届いてないので使用はしていませんが、かなり期待しているアイテムです。

以上のトレーニングアイテムを購入しましたが、ジム等で実際に上級者が使用している物やネットで情報収集を行い、どちらかと言うと機能/価格でコスパを重視しての選択です。

どれも本当にオススメの商品です!!

  

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
スポンサーサイト
2017
少し(かなり!?)、遅いですが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

振り返れば2016年もあっという間に終わり2017年が始まりました。

年末年始は公私でバタバタとしており、なかなかな日々を過ごしてます。

そしてトレーニングについては現在、私、ここ3ヶ月あまり、実は有酸素運動全然してません。

で何をしてるかと筋トレばかりやってます

エンデュランススポーツを始めて8年、トライアスロンに限っては5年目を迎えます。

それなのに、なんで泳いだり、漕いだり、走ったりしてないかと言いますと、昨年の10月、シーズンオフとなり、シーズンの総括をしました。

一昨年の6月に怪我をし、それまでアイアンマン世界選手権出場を目指して、自分なりに練習も成績的にも上がり、突っ走ってきましたが、心身共に調子が上がらず、昨年に至ってはモチベーションが上がらないため自分自身を騙しながら、とりあえず練習をしレースに出ている感じで、トライアスロン以外のレースでは何度か表彰台にも上がらせていただき、その時は嬉しかったりするのですが、心も身体も中々一昨年の状態にはならず、そんな弱い自分が歯がゆいけど、気持ちが上がらない感じでトライアスロンが嫌いになりそうになっていました。

そこで、今回考えたのは、1度トライアスロンから離れて、心身共にリフレッシュして以前のように心の底からトライアスロンをしたいという気持ちに自分をもっていけるようにするのもいいかと考えました。

トライアスロンで、まだ何も得ていないのにこんなことを言うのは烏滸がましいにもほどがありますが、ずっと続けていきたい大好きなトライアスロンだからこその考えなのですが、何か好きなことに打ち込んでいないとダメな性分なので、今年はしばらく筋トレに打ち込み、あわよくばベストボディジャパンに出場できるように頑張りたいです。でもトライアスロンの練習はこれからも続けていきます!!


☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog