Live in the present!!
自己ベスト更新!!
昨日は胸のワークアウトを実施しました。

いつもどおり先ずはベンチプレスから行います。

IMG_6508.jpg

正月にウォーミングアップをやらずに105kgをやって胸筋を肉離れさせてから、ウォーミングアップは割と念入りにするようにしているので、今日は60kg×10rep×2setと80kg×5repから行い、メインセットの100kg×5repから実施しました。

今までの100kgのMAXrep数が4回(浅目!!笑)だったので不安でしたが、何とか5rep挙げられ、6rep目は潰れてしまいましたが、なんとか自己ベストを更新できました!!

ベンチプレス動画

やはり継続はチカラなりなんですね!!笑

ウエイトトレーニングはこのように自分の成長が数字で明らかに出ます。それがハマる理由かもしれないですね。

昨日のPB更新でモチベーションもグイグイ上がりましたが、無理をしたらまた怪我をしてしまうので、その辺に留意しながらやっていきたいと思います

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
スポンサーサイト
亀仙流
昨日は肩の日でした。

肩回りはたくさんの筋肉があり、種目や可動のさせ方により、ピンポイントで各筋肉に効かすことができ、奥が深いです

その中でも特に力を入れて鍛えているのが僧帽筋で、ここを局所的に鍛えられるのが前回も紹介したバーベルシュラッグです!!



シュラッグは腕を下げた状態でバーベルを持ち、肩をすくめる感じで上下させる地味な種目ですが、僧帽筋への効きは果てしなくあります。

僕が気を付けているところは、素早く上げ、最大拳上させた時に停止させ、ゆっくり下げることです。

シュラッグ動画

他にも僧帽筋に効く種目はありますが、シュラッグほど僧帽筋にピンポイントで効かす種目はなく僧帽筋を鍛えるためには必須です!!

皆さんもシュラッグをやって一緒に孫悟空のような道着が似合う僧帽筋を手に入れましょう




☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
週1ランニング
今日は午前中に用事があったのでジムへの移動時間が勿体無いし、昨日一昨日といいトレーニングができたので有酸素運動の日に切り替えトレーニング



最初の5kmは娘とジョグ。

走り出し膝が痛かったけど弱音は吐けないのでフォームに気をつけながら走る。

小2の娘に5kmは辛かったのかペースがkm/7分くらいまで落ちるが、我慢して付き合いました

遅いペースも何気に辛いです

その後、一旦娘を家に送つてからおかわりラントレ!!

娘のおかげでウォーミングアップできたのか膝の痛みもほぼなかったので2kmをペースアップ

km/4:02,3:47のトータル2km/7:49で走れたのでいつぶりかわからないほどのペース上げたランニングなので、まぁ良しとします

それにしてもこのペースってこんな辛かった!?っていうくらいキツかったです

まだまたリハビリ状態なのでペースも距離も無理せず上げていきたいと思います


☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
パラレルグリップチンニング
昨日の胸で今日は背中のワークアウト

今日は筋トレができないはずだったけど予定が潰れてできました

まだデッドリフトはできないので今日はベントオーバーロウからの懸垂で追い込む!!



懸垂はパラレル・ワイド・リバースの各々のグリップをすることでターゲットも変わってきます。

動画はパラレルグリップの懸垂です。


パラレルグリップチンニング動画


パラレルグリップは他の懸垂と違い掌や甲を正面に向けるのでなく平行(手の甲が外を向く)に握るため手首や肘の回旋がなく負担が少ないことや、ハンマーカール同様、腕橈骨筋も鍛えることができます。ちなみにこの懸垂は一緒のジムで筋トレするアームレスリングの選手に教えてもらいました。

懸垂はどの種目も広背筋から引くイメージで動かし、挙上は素早く、エキセントリックは広背筋をストレッチさせるように意識しゆっくり下げることがポイントだと思います

持ち手の幅や挙上時の身体の角度を変えることで効かせられる部位も若干変えられますし、鉄棒や雲梯があれば、どこでも行えるので懸垂は本当に良い筋トレメニューだと思います

その後、ラットプルダウンを4つのグリップで行い、ケーブルを使いストレンジアップ・ストレンジダウン、シーテットロウイング、最後にデルトフライで締めました。

デッドリフトができないので物足りないですが、先程の懸垂同様、ケーブルマシンはエキセントリック時の動きを丁寧にゆっくり動かすことで効き目が全然違って来ると思います。

イメージとしては引いた時に肩甲骨を最大限寄せ、エキセントリック時は肩甲骨を思いっきり外旋(腰は曲げず肩甲骨を開き猫背にする感覚)し限界までストレッチさせることだと思います。

厚み・広がり・凹凸感がある背中を手に入れたいです

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
久々のジョグ
膝の調子がイマイチだったのでしばらく走っていませんでしたが、昨日は階段の昇降でも痛みがなかったので軽~く、走ってきました



家から走り始めはアスファルトでしたが、膝に負担かかからないようにすぐに近所の公園内のクロスカントリーコースに行きました。

ペースはごくごくゆっくりで地面は蹴らずに足の裏を地面に置いて素早く離すイメージでピッチを刻みました。

まだやっぱり、膝に違和感が出たのでゆっくりジョグで登りだけペースを少し上げる感じで走りました。

今の症状としてはジャンパー膝でおそらくスクワットで痛めたものだと思われます

体重が増えているのも膝への負担増になっていると思うのでその辺も考慮して、絞りながら徐々にランやバイクの強度も調整していきたいです

シューズはHOKA One OneのHaukaというロードモデルを使用しました。

HOKAはトレイルランニングで有名なメーカーで前から気になっていました。

厚底でクッション性が良さそうで脚の負担軽減を狙い、ネットで旧モデルがSALEになっていたので購入してみました。

履いた感想は厚底の感覚はさほどなく見た目と違い軽量であり、ドローコード状のシューレースでフィット感も良好です。

サイズ感はアシックスのワイドと同じくらいでほとんどの日本人にフィットしてくれると思います。

クッション性は厚底である割にフワフワ感はないですが靴底に厚みがある感覚が気になる方は少し苦手かもしれません。

Onを購入してから色々なメーカーのシューズを購入し試してみましたが自分の中ではOn以上のシューズはまだ見つかっていません。

先ずは膝を治すことが先決ですが、今年はOnシューズを3モデル購入し、トレーニング、ロードレース、トレランで使ってみたいと思いますので購入したらインプレします

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
チェスト!!
昨日は胸のトレ

前まで毎トレーニング1時間半~2時間のワークアウトを実施してましたが、最近は1時間~1時間半集中して行うようにしてます。

時間を減らした結果、できる種目は減りましたがインターベルに時間を短くし、集中力を切らさないようにしています。

重量もあまりMAX重量に拘らず、80~90%にし、Rep数をコンパウンド系の種目は8回~12回、その他は15回前後にし筋肥大とパンプを狙うようにしています。



昨日のメインはベンチプレスでしたが、ウォーミングアップは60kg×10rep、80kg×5repでその後のメインセットは90kg×12rep×4set


ベンチプレス動画 click here!!


動画はメインセットの3set目ですが10repで潰れてしまいました

4set目は8repでしたが全て目標rep数をクリアできたので良しとします

筋肉痛が治まったらベンチプレスのMAXに挑戦しますので応援よろしくお願いします

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
ラットプルダウン
今日は背中のワークアウト



いつものルーティンメニューですが、まだ腰が本調子じゃないのでデッドリフトはなし

最近、背中で最も重要視してるのがラットプルダウン!!

ビハインドネックラットプルダウン

デッドリフトや懸垂も大事なメニューですが、僕はラットプルダウンがターゲットに効かせやすく、今日はワイドグリップ・リバースグリップ・ビハインドネックの3種類のラットプルダウンをやりましたが、各々で微妙に違う箇所に効き、動画のビハインドネックラットプルダウンは広背筋などの他に僧帽筋に効かせられます。

ラットプルダウンはやり方が悪いと腕に効いてしまい背中への刺激が減ってしまいますが、広背筋から引き始めるイメージとエキセントリック動作をゆっくりやることで効き方が全然違ってきます。

ですので最初は軽めのウエイトで自分が1番背中に刺激を入れられるポジションや、やり方をマスターすればかなり効果的な種目になると思います。

これからもより効果的にラットプルダウンを探求しボコボコで分厚い背中になれるように精進いたします





☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
妄想!?
前回のブログで書きましたが最近トレーニングとクリテリウム用に自転車の購入を計画していました。

条件としては、安価でレースにも対応するモデルです。

固定ローラーで使うのでアルミフレームの方が良いかなと思いましたが、ショップや海外通販でお得情報もあるのでカーボンも視野に入れたいと思います。

その条件を踏まえ選定したところ、3台のバイクが浮上しました。

⒈SPECIALIZED Allez Sprint



数年前から各有名メーカーが、より良いアルミレーシングフレームを発表する中、スペシャライズドが満を持して発表したフレームであり、剛性、空力ともに今アルミフレームでできる最高の技術を注入したモデルでアメリカのプロチームもクリテリウムのレースで使っているバイクです。
販売は105完成車となりますがフォークがS-Works TARMAC、シートポストがVengeと同じ物で構成されており、価格も税抜150000円ととても買いやすいモデルとなっております。

⒉FOCUS CAYO



この自転車は、僕が一番最初に買ったバイクの現行モデルでFOCUSのセカンドグレードとなりますがフレーム860g、フォーク350gと軽量でAG2Rにフレーム供給していた時にはパリ~ルーベなどのクラシックレースで使用する選手もいた程のレーシングバイクです。
フレーム製法とフォークは最上級モデルであるIZALCO MAXと同様とし形は非常にオーソドックスながらヘッドチューブを長めに取ることでコンフォートよりのジオメトリーにしてるみたいです。販売はDura-Aceから105の展開です。
たまたま知り合いのショップで展示品を安く手に入れられるお話を頂いたので候補となりました。

⒊Cinelli Strato Faster



イタリアの老舗バイクメーカー、チネリのバイクです。プロロードレースやプロトライアスロンでも使用されているレーシングバイクです。
CAYO同様にオーソドックスな形状のフレームですが、ダウンチューブが丸ではなく多角形であったり、BBの内部はアルミで補強し位置を高くしたり、リア三角を小さくしホイールベースを短めに設定したりと、反応と加速性を重視したジオメトリーとなっており、クリテリウムやオリンピックディスタンスのようなON-OFFが激しく、テクニカルなコースに適したバイクだと思います。
チネリはレース会場でもあまり見たことがないのでその辺も良いですよね。
現在、海外通販で特価販売しています。



Allezがアルミで他2台はカーボン、上記2台は完成車売りでCinelliはフレーム売りでどれも素晴らしいバイクですが、どのバイクを選ぶにせよ、コンポはSRAM E-TAPを考えています。

シマノの電動の方が操作性は良いと聞きますが、ワイヤレスなので圧倒的に取付も楽そうですし、やはり最新機器は使ってみたいですよね。アルテグラDi2との差額を調べて決めたいと思っています。

でもヤフオクで現在出品中の超計量バイクの2015年 IZALCO MAXも気になりますし、家にMERIDAのMTBフレームBIG.SEVEN TEAMが転がっているのでこれを組むことの方が先決かなとか考えています。

お金がなんぼあっても足りませんがこうやって妄想している時が一番楽しいかもしれませんね!!笑

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
COLNAGOと言う名のバイク②
前回の続きです。

COLNAGOというメーカーはエルネスト・コルナゴがミラノで1954年に創業し、それからあのエディ・メルクスのアワーレコード挑戦や新城選手がいたヨーロップカーなど多くのプロチームに今でもフレームを供給し続け、あのフェラーリとコラボするイタリアを代表する生粋のバイクメーカーです

そしてその中でもCシリーズはモノコック全盛のカーボンフレームの中で昔ながらのラグでパイプとパイプを繋ぎ合わすラグドフレームであります。



このメリットはラグでパイプを繋ぎ合わすのでパイプの長さを容易に変えられるので、モノコックのように違うサイズを作る時に1つ1つの金型を作らなくても良いため多くのサイズをラインナップすることができます。事実C60もスローピングとホリゾンタル両者のサイズを数多くラインナップに載せています デメリットとしてはラグがあるためモノコックに比べ若干おもくなることと、今のモノコックの形成技術だと剛性面でも若干劣るそうです。

事実、新城選手もヨーロップカー後期ではCOLNAGOのモノコックモデルを使用していましたし、その他のチームでもラグドフレームよりモノコックが好まれている傾向のようです。

では、何故Cシリーズを選ぶのか。

それは

性能なんてどうでも良いんです!!(かと言って天下のCOLNAGOが作るフラッグシップモデルなので勿論性能は折り紙付きですが。笑)

だってCOLNAGOに乗りたいんだもん

COLNAGOに乗るならやっぱりラグドフレームのCシリーズを買いたいです。現在でもラグドフレームを採用しているのはCOLNAGOの他にTIMEがフレームの一部にラグを用いているくらいで、各有名メーカーはほぼモノコックに移行したのではないかと思います。

かといってデメリットだけではないと思います。ピナレロなどの一部メーカーはDOGMAなどのフラッグシップにはモノコックにも関わらず多数のサイズを用意してます(金型をたくさん用意しなくちゃいけないのであの価格はしょうがないのかも・・・)が、ほとんどのメーカーが3サイズか多くても6サイズのサイズ展開しかしていないと思います。

そのことからもC60のサイズ展開は12種類ととても多く、より最適なサイズ選びが可能になると思います。 特にホビーレーサーの場合は各メーカーのレーシングフレームを使用すれば十二分な剛性があると思うので、一番大事なのはどれだけ自分に合うサイジングができるか、2番目に大事なのは見た目・乗り味でどれだけ心に響くかというかシンクロできるかという2点に尽きると自分は考えています。

勿論、僕が考える2点を十分満たしてくれるバイクは他にもたくさんありますし、乗り味を除けば有名メーカーのフラッグシップに乗ればほとんどかそれを満たしてくれると思います。

でも何故にCOLNAGOに乗りたいかと言うと、それは"伝統"に乗りたいと言うことです。

昨今、何事も効率や合理化ばかりが求められる傾向にありますが、それって真実なのでしょうか??

僕はそうじゃないと思います。

例え無駄だとしてもそれが1つの正解ならばそれが真実だと思うし、心に響くのだと思います。

もしかしたらC60は今も健在の創業者のエルネスト・コルナゴ氏が関わった最後のラグドフレームになるかもしれません(縁起でもないですが・・・)し、COLNAGOももしかしたら時代の波に飲まれラグドフレームの製造をやめてしまうかもしれません。

それは今は誰にもわかることではないですし、そうなって欲しくはないですが、その伝統が伝説にならないうちに是非所有したいバイクです。

でもやっぱりパッと買える価格ではないので所有できるのは何年後になるのやら


☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
COLNAGOと言う名のバイク①
練習をしないと物欲ばかりが湧いてきます

最近、旧モデルや海外通販でお得情報が色々あったのでレースに復帰した時にトレーニングやクリテリウムで使うための自転車購入を模索していました。

なぜ、そのような自転車の購入を計画していたかと言うと、僕は北海道に住んでいるので半年間は雪のためほぼインドア練習であり、また、1年を通じ雨天やリカバリーのため、固定ローラーを使用することが多くあります。その時もレースで使うカーボンバイクしかないため気にせずそれを使っていましたが、やはり固定ローラーで使用すると少なからずフレームへのダメージがあることや、自分で言うのもなんですがレースでの落車も多く、ことクリテリウムに関しては落車の危険性も高いため、TARMACしかない現状ではビビリな僕は出場を躊躇っていました

ですのでコスパの高いフレームの購入を計画していたわけですが、その自転車を探していたのに、初めて自転車を購入した頃に憧れていた1台の自転車の事を思い出しました。

それはCOLNAGOでした。



その頃に見たそれは初めて買う自転車を探してた時に訪れたショップの店内に展示されていたC59で、凄まじいオーラを放ってました。

正直、その頃は他のロードバイクとの製造的違いとかはわかりませんでしたが、独特なフレーム形状と、ヘッドチューブのクローバーのマークとその美しい塗装でこのバイクにいつかは乗ってみたいと思いました。

実際にパッと購入できる価格ではないので、ある意味、自分の気持ちを封印していましたが、当時ヨーロップカー時代の新城選手が乗っていた真っ白なC59を見た時にまたフツフツと物欲のムシが騒ぎ始め、ショップに見積りをお願いしようと思っていましたが、地元に2つあるコルナゴの正規代理店の店主とは初ロードバイク購入時にこちらが無理を言った訳でも無礼な態度を取ったわけたでもないのに酷い扱いをされ、もうその店には出入りしないと決めていたのもあって購入を諦めたのと、その頃からバイク関係の知り合いも増えたことや、ある程度は自分でバイクを自分でいじれるなってきたので知り合いのショップや海外通販でレースでバリバリ戦える機材を安く購入し組立てることも視野に入れられるようになってきたので、その中でよりコスパの高いバイク選びをするようになってきました。

そんな中でも勿論COLNAGOに対する憧れはあり、CシリーズのモデルもC59からC60になり購入の気持ちはありましたが、あくまでもレースで使用する条件で費用対効果を重視した時に候補から外してしまいました。

そんなこんなで何台かのロードバイクを乗り継いできて、今回、トレーニングとクリテリウムで使用する自転車を探していたところ、現行C60へモデルこそ変わりましたがCOLNAGO Cシリーズへの思いが再燃してしまいました

続く

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
文明の進歩
前回のブログで書きましたが、ガチャガチャに壊れたiPhone4S→iPhone7にやっと変えてきました



ガラケーからスマホに変えたのがiPhone4Sでした。

4Sの大きさが気に入っていたのでそれを今まで使用してたため、それが普通と思っていましたが、iPhone7を使ったら進化にビビりまくりです

こんなにサクサク動くし画像が綺麗でiOSも最新になったのでアプリもいちいち進化してます

容量も128MBになり、今までは画像や動画を泣く泣く消去しながら使っていましたが、それもなくなりそうです

ホームボタンとイヤフォンジャックがないのがちょっと不満ですが慣れですよね

それよりも防水が付いたのでこれからはトレーニングの時にジップロックに入れて持ち歩かなくても良くなりそうです

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
ひざ痛
今日は下半身のワークアウトの日だったので腰の具合も考慮しスクワットとデッドリフトはなしでやりましたが一種目目のフロントラウンジで膝に違和感があったので、回避しブルガリアンスクワットから開始。

膝があまり前に出ないように気をつけながらおこない、その後レッグプレス、レッグエクステンション、レッグカールを行いました。

ハムストリングをターゲットとするメニューは大丈夫ですが、四頭筋のメニューでは少し違和感が出たため、レッグエクステンションは軽めの重さをFST-7で行いパンプを狙いました。



FST-7は30~45秒のインターバルで10~15repを7set行うメニューです。

僕はその日のメニューの4~5種目目や7種目目に取り入れることが多いです。

BIG3などの種目では負荷が強いし危険ですのでやりませんが、マシーン種目で取り入れます。

時間がない時などにも有効だと思います。

レッグエクステンション動画

ひざ痛ですが、筋肉なのか関節や靭帯を痛めているのかはわかりませんが、先日痛めたデッドリフト同様、スクワットもフォームが悪いと思いますし、急激に重量を上げていったことで筋力付いたけど関節などが追いついてきてない可能性もあります。

デッドリフトでの教訓を活かし無理をせずやっていきたいと思います

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
NEW PROTEIN
2月末に注文していたプロテインが本日やっと届きました



今回購入したプロテインのメーカーはMYPROTEINというイギリスNo.1の健康食品メーカーで、プロテインの他にもBCAAやクレアチン、またスポーツウエアまで扱っています。

おそらく日本に正規代理店等はなく、通販のみで購入できると思います。

僕は今回SALEになっていたimpactプロテインナチュラルシリーズのチョコレートとバニラを購入しました。

人気商品のナチュラルシリーズがSALEになつており2.5kgを約4500円という破格で購入できます。

まだこのプロテインしか買ったことがないので製品自体は良く分かりませんがチョコレートの方を飲んでみた感想としては味も溶けもコスパも良く、泡立ちも少ないし、レビューの評価も高いので良いものを安価で提供してくれてるのではないかと思います

プロテイン含有量も82%と悪くなくフレーバーの数もノンフレーバーから珍しいナポリタンまで僕が知っているプロテインでもかなり多いと思います。

ぶっちゃけ、僕くらいのトレーニーだと含有量が82%もあれば十分ですし、良い食事をしていればあくまでも食事で摂取できないタンパク質を補うために飲むので、2.5kgを4500円で購入できるこのプロテインは最強のコスパではないかと思います。

もしコスパの高いプロテインをお探しの方がいましたら試してみる価値があると思います

良かったら今後、違うフレーバーやBCAAも試してみたいです

サイトは下記URLです⇩⇩
https://www.myprotein.jp/referrals.list?applyCode=UF7M-R1&li

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
背中トレ復活(仮)
今日は腰痛発症後、初の背中のワークアウトをやってきました。



まだダルさや軽く痛みがあるので様子を見ながら鬼門のデッドリフトは行わず、コンパウンド種目のベントオーバーロウをいつもの70~80%の重量で開始しました。

重さと回数を増やせられないのでエキセントリックに時間をかけて丁寧に行いました。

その後。ケルトベルでアップライトロウイング、パラレル・ワイド・リバースのチンニングをやりゲーブルプルアップ・ダウン、シーテッドロウ、ワイド・リバース・ビハインドネックのラットプルダウン、ラストにリアデルトをしました。

プル種目全般に言えることですが、前までrepにこだわり、動きが雑になっていましたが、今はあまりrep数にこだわらず、特にプル動作時に肩甲骨で引く意識と、引き切った後エキセントリックの時に腕ではなく寄せた肩甲骨を限界まで開いていく動作の中での限界rep数を行うようにしています。

結果、その方が負荷を適切にターゲット全体に効かせられますし、怪我のリスクも低減できると思います。

オールアウトやパンプ目的の時はrep勝負に出る時もありますが、その時はマシーン種目にFST-7やジャイアントセットで追込みます。

基本的にはストレートセットですが1日に1~2種目くらい上記のようなセットメニューを組んでみるのも刺激が変わって良い感じです

なにわともあれ故障後初の背中メニューでしたが、最近は肋軟骨のヒビから腰痛となんかついてないので、あまり無理をせずのんびりやっていくくらいの気持ちでいきたいと思います。

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
Radar EV Zero
注文して2週間、やっと届きました



今までも海外通販でたくさん購入していますが今回は初めてのサイトで某自治区などの有名海外サイトに比べると発送案内などの全てのメールが英語なので少しやりにくいと言うか購入に躊躇してしまいますが、一回買ってしまえばなんてことはありません。

今回購入したOAKLEY Radar EV Zero Prizum Trailは日本正規品が約25000円で販売されているものが送料込みで約10350円と破格の値段で購入できます

カラーも海外の方が充実しているモデルもあり、海外通販はかなり魅力的ですよ

まだ実際にかけてトレーニングはしていませんが、かけた感想として、他のOAKLEYのサングラスと比べ、フレームレスなのでとにかく軽いということや、視界にフレームが入らないのでストレスを低減してくれること、またレンズが全体的に大きいので視野が広くサングラスの機能としては良いこと尽くめだと思います。

ただ、これはあくまでも個人的な感想ですが正直あまり好きなデザインではないです

でも性能・見た目・価格を天秤にかけて選んだ時にコレは今回買わないと後悔すると思い、即購入しました。

早く脚と腰の調子を治して、このサングラスをかけてランしたいなぁと思います


amazon・楽天もそこそこ安いですね(^^♪





☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
人間ドック
今日は毎年恒例の車検の日でした



とりあえず待ち時間が長すぎてまいるけどちゃんと受けないと総務から怒られるし、何より自分のためですよね

身体測定は身長171.5cm、体重75.8kg、体脂肪率11%で視力も両目2.0で聴力も異常なし。

昨年のドックの時に75.6kgで体脂肪率15.3%あったけど今年は体重はほぼ変わらず体脂肪率だけ落ちているので筋肉量は確実に増えてるのかな??

胃カメラで生体検査をすることになりましたが、医師も赤くなってたところは血管で胃の粘膜は綺麗なのでおそらく異常はないと言っていましたした。

走るのをやめてからの血液検査で慢性的だった貧血も改善されたし、腰に負担のかかるスクワットとデッドリフトはしばらく負荷をかけない程度しかできませんが、代替えで下半身のトレーニングをやってしっかり全身の筋肉量を増やしていきたいと思います。

先日、昨年まで約1年間、脱トレーニングをしていた知り合いのトライアスリート(サブスリーランナー)に元に戻すまでどれくらいの期間を要したかお聞きしたところ、筋力や筋持久力は2~3ヶ月で戻ったけど、心肺機能は半年くらいかかったと言っていました。

個人差はあると思いますが、この方でもそれくらいの期間がかかったので、やはり戻すまでには結構な時間がかかりそうですが、今しかできないこともあるので焦らずに楽しみましょうとアドバイスもいただき気持ち的にも凄く助かりました。

もうすぐ雪解けです。春に向けて有酸素運動も徐々に取り入れていきたいと思います

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
僕の自転車遍歴③
前回の続きです。

5台目は、以前の記事で紹介した、TREK SPEEDCONCEPTです。



譲っていただいた経緯は前のブログで書いたので割愛させていただきます。

乗り味については低重心でとても乗りやすいバイクなのですが、ワイヤー関係が全て内装されているため、ブレーキ調整、ステムの交換ひとつ取っても苦労してしまいます

しかし、ロングのトライアスロンもショートのタイムトライアルもこなすまさに世界最速バイクに恥じない性能を持ったバイクだと思います。

パワーをダイレクトに伝えてくれる反面、ダンシングはP3の方がしやすかったような気がします(あくまでも僕の感想です。)。

プロショップが近くにある方やバイクのメンテナンスにかなり精通されてる方は良いと思いますが、その逆の方は素直にP3を購入した方が良いと言うのが僕の感想です。

6台目はSpecialized S-WORKS TARMACです。



こちらの購入経緯も以前の記事で書かせていただきましたが、特徴としての補足となります。

突出した軽さ(十分軽いですが)・剛性感(十分すぎますが)はないですが、加速・路面追従性が良く、僕は特にコーナーや下りが速く(バランス良く)感じます。そして振動吸収性も顕著でかなりマイルドな仕上がりだと思います。このことが剛性感がないと言う感じに捉えられるのかもしれませんが、そうじゃなく全てにとてもバランス良く仕上げた最強のレーシングバイクだと思っています。

ただ、加速・路面追従性が良く限界値が上がるので自分のスキル以上のことを行うと、大変なこと(落車等)に繋がるかもしれません

各社からフラッグシップのレーシングバイクが販売されていますが、走行性能・メンテナンス性・コスパ等々考慮して考えた場合、トヨタの自動車を選ぶ感じでS-WORKSじゃなくても(expertやcomp)、TARMACを選べばレースからファンライドまで間違いなく使えるバイクだと思います。

もちろん、このクラスのロードバイクはどのメーカーのバイクも素晴らしいと思いますけどね

唯一のネガティブ要素はレース会場に行ったらとにかくTARMACが多いということくらいですかね😅笑

でもそれだけ素晴らしいバイクだという証明だと思います!!

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
僕の自転車遍歴②
前回の続きです。

3台目に購入したのがcervelo P3です。



これを購入する一昨年前にトライアスロンデビューをし、目標としていた順位やタイムを達成できなくて悔しい思いをしたのでとにかく練習をしました。おそらく年間800時間はやったと思います。

その中で速く走るため、そしてモチベーションを上げるために初のTTバイクとしてP3を選びました。

成績はその甲斐あってか、強豪ひしめく中(1位は某実業団のトップ選手、2位はデュアスロン元カナダ代表の外国人選手、3位はアイアンマンJAPAN2013でプロカテゴリ含め総合8位だった選手、4位はコナ常連の外国人選手)、総合5位の成績を上げる事ができ、アイアンマンJAPANでは目標としていたスロット獲得には届きませんでしたが、ロング初挑戦でカテゴリ13位の成績を上げることができ、一気にコナへの思いが強くなったのを覚えています。

その後、P3は練習中の落車により大破し廃車になってしまいましたが、僕にとってトライアスロンの楽しさや厳しさ、またコナへの強い想いを教えてくれた大切な愛車です。

乗り味は少し腰高な印象ですが走行性、メンテ性共にかなり高く、コスパを含めるとまさに最強のTTバイクだと思います。何年間もコナのバイク使用率のトップをいってるのも頷ける名機であり、予算的な制約がない方は別として、機能・金銭面で全てを満たしてくれるバイクを望んでいる方はP3を購入しておけば間違いないと思います。

4台目に購入したのがcervelo R3です。



これはP3を買ったショップから格安情報がありまして、いつかはロードとTTを同じメーカーで揃えたいというミーハーな願望があったし、カラーが好きだつたので購入に至りました。

乗り味については、良い意味で可もなく不可もなしの平均点が高いバイクだったと思いますが、若干腰高だったのと僕はウェップ感(しなり)のある
フレームが好きなのですがR3はあまりウェップ感がなく、そのため平坦ではよく進むバイクかもしれませんが、僕には何か響きませんでした。笑

でもセカンドグレードですが、オーソドックスなバイクでウェップ感を嫌う人には良いバイクのような気がします。

続く




☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
東日本大震災
6年前の今日、日本に未曾有の大災害が起きました。

僕はこの日、週休日で午前中にトレーニングを終え、昼ご飯を食べてから家のソファでウトウトしていたところテレビに今まで見たことのない映像が目に入り込み、全く状況が飲み込めないまま飛び起きました。

これは2001年の9.11同時多発テロの時に旅客機が世界貿易センタービルに突入した映像を見た時以来の衝撃的な映像でした。

テレビを食い入るように見ているとあまりの惨劇に言葉が出ませんでした。

そうこうしていると職場から連絡があり、緊急消防援助隊の要請がかかり、登録隊員の待機の要請の連絡が入りました。

その後、一旦職場に行くと救急隊として現地に向かうということでした。

その後、私が現地入りする日も決まり、派遣当日がやってきました。私にとって初めての災害派遣でした。

現地にはフェリーで向かいました。

正直、フェリーの中は平穏で大津波が起きた海を航海しているという感じもなく、活動に対しての緊張感はあったもののこの海で津波や大震災が起きたという緊張感はあまりないまま航路を進行していたのを覚えています。

しかし、仙台港に到着し車で陸に降り、仙台港フェリー乗り場の荒れ果てた姿を目の当たりにした瞬間、航路中の気持ちが一変しました。

船が陸に押し上げられ、どこのものかもわからない残骸やゴミが散乱した惨状に呆然としました。

その後、活動拠点となる地域の危険箇所等の視察に行った時に見た、崩れ落ちた多くの家屋や石油コンビナートの屋外タンクや橋は今でも瞼に焼き付いています。

僕達の仕事は被災者の方達への救急活動でした。

僕達は救急活動自体はどこに勤務していてもできますが、地理的にはわからない部分が多々あるため地元の消防士の方が案内役として同乗してくれていました。

我々消防職員は災害の対応と同時に今起こっている火災・救急・救助にも対応しなければなりません。ですので地元の石巻市消防本部の職員も大震災の他の出動にも対応しなければならないのは言うまでもありません。

出動後に案内役の方と会話をしていると、その方は奥さんと子供や親や親戚も被災者となり、そちらの心配もある中、勤務日は24時間働き、非番週休日にはボランティアとして行方不明者の捜索活動をしていたそうです。

業務・ボランティアとほぼ寝ずに活動していた、その方に大丈夫ですか?と声をかけたところ、家は失いましたが幸い自分の家族は助かりました。でもたくさんの友達や知り合いが未だ行方不明で、その人達の事を考えたら寝てなんかいられません。と答えました。

また、全国から集まった緊急消防援助隊やボランティアに来てくださった方々と共に活動し、たくさんの勇気と希望をもらい本当に感謝しても感謝し切れないと話してくれたのを今でも覚えています。

現地での活動は1週間でしたが、僕は今でも、あの時に活動したことや、あの時の消防士の方にいただいた熱い気持ちを今でも忘れたことはありません。

こんなことを言ったら不謹慎と言われるかもしれませんが、勇気と希望と熱い志をもらったのは、むしろ僕だったのだと思います。

人は忘れる生き物です。そして災害は忘れる間も無くやってきます。

でも時によっては忘れることも悪くないことだと思っています。

ですが、特に被災者ではない僕達がこの大災害で多数の方の尊い命が奪われたことを忘れていけません。

このような大震災で多数の被害者がいる中で安易に教訓なんて言葉を使ってはいけないことは重々承知していますが、これからも災害は起こってしまうでしょう。でも災害に備え被害を最小限に食い止められるよう、せめて今日だけでも日本人全員が考えてくれる今日であってほしいと願っています。

最後になりますが、東日本大震災で亡くなった方々のご冥福をお祈りします。



☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
僕の自転車遍歴①
携帯を変えるので写真の整理をしていたところ、とても懐かしい写真を何枚か見つけました

どんな写真かというと僕の今まで乗った愛機達の写真です。

2011年に生まれて初めて購入したロードバイクが

FOCUS CAYOでした。



105の完成車で30万ほどしました。今でこそこのフレームの完成車で30万で購入できるコスパを考えればお買い得なのはわかりますが、当時は30万円の価格に驚きかなりビビりながら購入したのを覚えています。笑

乗り味はセカンドグレードですがプロチームもパリ~ルーベなどのレースでも使用するレーシングバイクでドイツメーカーというだけありファンタジスタではなく、まさに質実剛健でクセもなくとても乗りやすい自転車で僕にバイクに乗る楽しさを教えてくれました。

2台目に購入したのがBMC SLR01でした。



当初はトライアスロンにしか興味がなかったのですがこの頃初めてツールドフランスを見て2011年のカデル・エヴァンスの大逆転勝利と2012年のロード世界選手権のフィリップ・ジルベールの華麗な登りからの抜け出しでの勝利に魅了され、その時に2人が乗っていたのが、このバイクでした✨

当時、BMCに乗ってる人も少なく、何となくダースベイダー的な僕の勝手なイメージが乗ってるだけで速そうに見られたのが記憶にあります。

乗り味はネットなどでは硬いと言われていますが、全くそんなことはなく軽量でむしろウェップ(しなり)の効いた軽快な走りがとても印象的なフレームでした

また機会があれば乗ってみたいと凄い感じる好印象なバイクです。

続く




☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
針の効果
腰痛発症から5日が経過しました

当初は椅子に座ったり立ち上がるだけでもキツい状態でしたが、仕事には行かなきゃならず、コルセットを装着し、自宅ではアイシングを行い、時間がある時には針治療に行ってました。



針は針を刺すことによって血行を良くし患部のコリやハリを緩和する効果や、針の刺激により出るホルモンにより痛みを脳に伝える作用が遮断されることや、リラックス効果のあるホルモンが分泌されるので自律神経のバランスが整うという効果があるそうです。

僕は高校生の時に第5腰椎分離症を患いその後も数年に1回はぎっくり腰を発症していましたが、マラソンを初めてからはたまに腰が怠くなる程度でした。

久々の腰痛発症は身体的な痛みより精神的な痛みの方がデカく、何よりトレーニングができないのがストレスですが、今までもそうですがのめり込むと身体に何らかの拒絶反応が現れるまでトレーニングをやり続けてきた代償が今回のような怪我に繋がっているのですが、僕は頭がおかしいのか自分の限界がわからず、ネットや本で見たことが自分にもできるという錯覚に陥り、また自分で言うのもなんですがそれが多少なりとも短期間でやれてしまい、その目標を達成するまではトレーニングをなんぼやっても満たされることはなく、以前にも7ヶ月間無休でトレーニングを続けたこともあり、仲間からは良く休めと言われます

それでもいつも腹ペコなんですよね・・・

何はともあれ今は治療の中でも比較的鍼治療が自分には合っているような気がするのでしばらくは普段のコルセット着用と鍼治療を行い早く復帰するために、全力で腰の治療を頑張りたいと思います

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
冬眠します
デッドリフトで腰がデッドし携帯までもデッドしました




腰はコルセットを付けてやっと歩けるようになりました



これ以上なにも壊れないようにもうすぐ春ですがしばらく冬眠します

でも怪我の痛みや携帯壊れた痛みよりトレーニングできないのが痛すぎます・・・

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
予感的中
やはり腰が・・・笑

昨日の受傷後に針治療に行き痛みが増幅しないように願ってましたが、今朝起きたら案の定歩くのもやっと

昨日ジムの体組成計で測定しバルクもいい感じのデータが出ていたのに(筋肉量と筋肉率は違うともっとあると思います)、これはもうダメですね



腰は身体の要ですので筋トレはおろか普段の生活にも支障が出てるのでしばらくトレーニングはお預けです

今日はまだ急性期なのでRICEに基づきアイシングをし安静にしてます。

痛みよりトレーニングができない精神的な痛みの方がかなり大きいですが、ここは心を鬼にして練習休みます👹笑

デッドリフト170kgとかでセットを組むのはまだ早かったんですね

怪我をした僕が言うのもなんですが皆さんもスクワットとデッドリフトの高重量を扱う時はお気をつけください


☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
腰が・・・
今日は後輩と背中のワークアウト。



メインメニューはデッドリフト165kg×5rep×5set

気合を入れて始めたところ1rep目で腰に痛みが・・・

素直に高重量は諦めて125kgに落としrepを15~20repに上げてやりました。

腰に痛みが出た原因はおそらくスタートポジションの不備。

鏡で見てた感じ骨盤が寝ていておかしいのがわかったけど次のrepで修正すればいいやという甘い考えが悪かった

時すでに遅し

今、鍼治療を受けてます

明日治ってないかな

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
勘違い
胸トレをしてきました。

今日のメインはベンチプレス95kg×5rep×5set



高重量で肥大と筋力増を狙う。

ウォーミングアップを終えでメインセットに入ったところ95kgがいつにも増して重い

4rep目は浅かったけどこれ以上は確実に潰れると思い1set目は終え、2set目に。

最初からめちゃくちゃキツかったけど3rep目に入ったとこで潰れて終了

弱すぎる自分を責めつつウエイトをダウンさせようとしたところ何かおかしい・・・

10kgだと思って付けていたプレートが15kgで105kgにセットしてました



これ僕の中では結構あるあるなのですが、たまたまセーフティバーがあったから良かったもののなかったら事故になり兼ねないことです。

特に1人で高重量をやる時はセーフティバーのあるベンチを使うこととウエイトを再確認をしないとダメですね

何はともあれ、105kg×4repは自己新でしたので怪我の功名じゃないですが嬉しかったです

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog