Live in the present!!
妄想!?
前回のブログで書きましたが最近トレーニングとクリテリウム用に自転車の購入を計画していました。

条件としては、安価でレースにも対応するモデルです。

固定ローラーで使うのでアルミフレームの方が良いかなと思いましたが、ショップや海外通販でお得情報もあるのでカーボンも視野に入れたいと思います。

その条件を踏まえ選定したところ、3台のバイクが浮上しました。

⒈SPECIALIZED Allez Sprint



数年前から各有名メーカーが、より良いアルミレーシングフレームを発表する中、スペシャライズドが満を持して発表したフレームであり、剛性、空力ともに今アルミフレームでできる最高の技術を注入したモデルでアメリカのプロチームもクリテリウムのレースで使っているバイクです。
販売は105完成車となりますがフォークがS-Works TARMAC、シートポストがVengeと同じ物で構成されており、価格も税抜150000円ととても買いやすいモデルとなっております。

⒉FOCUS CAYO



この自転車は、僕が一番最初に買ったバイクの現行モデルでFOCUSのセカンドグレードとなりますがフレーム860g、フォーク350gと軽量でAG2Rにフレーム供給していた時にはパリ~ルーベなどのクラシックレースで使用する選手もいた程のレーシングバイクです。
フレーム製法とフォークは最上級モデルであるIZALCO MAXと同様とし形は非常にオーソドックスながらヘッドチューブを長めに取ることでコンフォートよりのジオメトリーにしてるみたいです。販売はDura-Aceから105の展開です。
たまたま知り合いのショップで展示品を安く手に入れられるお話を頂いたので候補となりました。

⒊Cinelli Strato Faster



イタリアの老舗バイクメーカー、チネリのバイクです。プロロードレースやプロトライアスロンでも使用されているレーシングバイクです。
CAYO同様にオーソドックスな形状のフレームですが、ダウンチューブが丸ではなく多角形であったり、BBの内部はアルミで補強し位置を高くしたり、リア三角を小さくしホイールベースを短めに設定したりと、反応と加速性を重視したジオメトリーとなっており、クリテリウムやオリンピックディスタンスのようなON-OFFが激しく、テクニカルなコースに適したバイクだと思います。
チネリはレース会場でもあまり見たことがないのでその辺も良いですよね。
現在、海外通販で特価販売しています。



Allezがアルミで他2台はカーボン、上記2台は完成車売りでCinelliはフレーム売りでどれも素晴らしいバイクですが、どのバイクを選ぶにせよ、コンポはSRAM E-TAPを考えています。

シマノの電動の方が操作性は良いと聞きますが、ワイヤレスなので圧倒的に取付も楽そうですし、やはり最新機器は使ってみたいですよね。アルテグラDi2との差額を調べて決めたいと思っています。

でもヤフオクで現在出品中の超計量バイクの2015年 IZALCO MAXも気になりますし、家にMERIDAのMTBフレームBIG.SEVEN TEAMが転がっているのでこれを組むことの方が先決かなとか考えています。

お金がなんぼあっても足りませんがこうやって妄想している時が一番楽しいかもしれませんね!!笑
スポンサーサイト

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
コメント



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog