Live in the present!!
Newロードシューズ
久々の更新です

新年度に入り、仕事が多忙なのと自転車トレーニングを再開したこと諸々、時間を削る作業をし時間を確保して行く中で中々ブログの更新ができず・・・

というような言い訳をしてみました

で久しぶりに新しいギアの更新です。

4年前に買ったS-WORKSロードシューズを使っていましたが昨年くらいからBoAダイヤルの調子が悪かったのと最初からサイズが大きかったのかアッパーがヘタってきたのか漕いでる時に靴の中で遊びができてきたので、昨年からNewロードシューズを探していたわけですが、何せ田舎に住んでいるため試着ができず、また、先立つ物もなく、中々買えずにいましたが、最近の練習でいよいよシューズのヘタりが気になってきたので、いくつかのシューズに絞り靴選びをしていました。

最初に候補に出たのがS-WORKS 6、SHIMANO RC9、Fizik R1B、Northwave Extreme、BONT Vaypor Sの5足でした。

特徴としては、どれも各メーカーのフラッグシップモデルでアッパーは今流行りの足を包み込む形のラッピング構造でソールはカーボンであり、それに伴い価格もスペシャル!!

そんなこんなで高い買い物なのでインターネットでカタログやインプレを見ながらどれにしようかな??と考えていたところ、友達の自転車用品を頼まれ海外通販サイトを見ていたら何とBONT Blitzが9300円で売られているではありませんか

すかさずメーカーサイト等でスペックを確認するとVaypor Sと比べるとBoAダイヤルが一つ少なくアッパーデザインも流行りのラッピングではないものの、ソールはカーボンだし、重さはたったの5g違い、構造等もフラッグシップモデルを踏襲しており、BONTは履いたことなかったけど周りの先輩やネットでも評判はいいし、値段も安いのでこれは買うしかないと思い購入に至りました。



で商品が到着し、熱成形なしで試着。

ちょっと当たるところがあるけどカカトのホールド感と爪先が尖った形じゃないので窮屈感がないのとBoAの締め付けと使いやすさが顕著でこれはアタリの予感

熱成形したらどんなことになるのか楽しみにしながら、自宅のオーブンで100℃に設定し10分間温めてやる、ネットで知ったやり方で熱成形開始

10分後に出てきたシューズはポッカポカ。

ソックスを履いて足を入れ、革手を装着した手でカカトの方から爪先方向に向かい馴染ませて行く。

5分くらい履いたままで放置し、その後、完全に冷めた後でもう一度履いてみると・・・

おっ!!『俺はシンデレラか!?』というくらいのフィッティング。

僕の足は幅も広くなく、甲も高くない標準的な足の形状で、足の実寸値は左右の大きい方で253mm。

メーカーサイトの推奨で爪先に2~4mmの余裕を持たせてくださいと書いてあったのでラストサイズが255mmを購入しましたが、これがドンピシャにハマり今までなかった上下左右にジャストフィットで変なあたりもない別次元のシューズが手に入りました。

一つ気になることと言えば、BONTシューズはオーバープロネーション防止機能が付いているためか土踏まずのところの作りが高く、カーボンソールが噂に違わぬ、木靴のような硬さなため、長距離かけたら、もしかしたら痛くなったり、疲れてしまうかもという心配はありますが、これだけ硬いカーボンソールだと余すことなくパワーを伝えてくれそうな感じがしますし、早く実走で使用してみたいです

実走したら、また再度インプレしますのでよろしくお願い致します

ではまた


スポンサーサイト

☆ にほんブログ村ランキングはこちらですよ~v(^^♪ ☆
コメント



URL

 
PASS
SECRET

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog